元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
10万円のクリームより効く「何もつけない」美肌ケア

 …まぁ10万円のクリームなんて知らんけどな。(ドゥラメールでも無理だよ。)
 さて、しかしこれがまぁ中身は自分が既にやっている事で、ああそうですか、で終る。
しかし言っておくがこんな方法、自己免疫とか、内部からこの手の素敵な成分を供給出来る肌力があるの前提ですよ。
アトピーさんとか、スタート地点が違うからね?
 あと紫外線問題だけはどうしたって無理だよなぁ…。
何かしらつけるしかないし、落とすのにも洗浄剤が必要となる。
湯で落ちるやつはそれでも擦っちゃうしねぇ…。

 ただ、世の中の化粧毎日している人たちの素肌を見る機会がほぼないわけで、果たして同年代平均値と自分の肌のどちらがどうとか、よく解りません。
その上で化粧で難点を隠すのは計り知れない効果もありますしね。(何も付けない派はそこで勝てるかと言うとまた違う。)
 まぁ、確実に手間いらず、健康な肌にはなる事でしょう。これは実体験済み。
見た目が綺麗な肌≒健康肌って事で終了。
手づくりする手紙

 ああ、本気で手紙だけで一冊だ…。
可愛い紙好きと言うジャンルの人が、手作りするんだからそりゃぁいろいろ凝ってるよ。
でも簡単で、手間さえ惜しまなければオシャレで味のあるハンドメイド作品が出来ます。
 手作業からプリントゴッコ、外注まで。
カード、封筒、ちょっとした手紙のテクと、乙女な気持ちをくすぐる読書タイムです。
散歩で楽しむ野鳥の本 街中篇

 散歩と言えば野鳥ですな。
これがまた街中編と言う変わった括りです。
ああ、そうね。日常に纏ろうものの話の方が何というか楽しみ方が身近で、上手い路線かと。

 この図鑑が良いのは、鳥自体の大きさを原寸とか、スケールを刻んでくれていて、鳥の大きさのイメージが掴みやすい所。
これは上手いね。
実際の鳥を見た時、図柄で模様だけ、形だけ解ってても現実で判別しづらいもの。
 でも大きさと言う要素が入ってくると絞り判定が精度を増しそう。
良く見るあれはやはり鶺鴒なのかぁ…。
まぁカラスすら好きな割にいまだにハシブト、ハシホソの見分け付きませんが。鳴いてくれないと…。(あ、鳴き声という項目はなかったな。)
さんぽの手帖

 雑誌。…ありそうなタイトルだけど、あるんだ…。(本当に『暮らしの手帖』別冊でした。)
しかしこれがなかなかに細かく、ぼんやりした観光ものでなく、割と微に入り細に入り散歩をサポートしてくれる本で。
もう道具選びの辺りなんて…これ、軽登山本か?と言うくらいの装備を進めて来るんですが…。
 まぁ歩く場所にもよるのか?
町型というよりは確かに田舎型ですね。
外国の散歩道もガンガン推してくるし。
 ここまで行くともはやスポーツ的な意気込みを感じます。
散歩って…言うよりウォーキング本かと。
(本来散歩ってもっと気楽な単語だったと思うので、肩の力を抜いても良いかと。)
あな吉さんの「ゆる家事」レッスン

 内容的にそろそろ手抜き家事ものにも飽きてきたなぁと思いつつ、表紙のイラストが可愛かったのでつい。そしたら…中身はほとんどイラストが無かった。あわよくばコミックエッセイ的な…と思ったのだけど。
 家事系コツ本の前置きで、『私なんて他の人と違って全然プロじゃありません、むしろ手抜きのズボラです!』と主張するパターンがありますが、ふと気付けば定型文の様にどの本もそう言ってるんですよね。じゃあ誰がきちんとしてるプロなんだろう、そんな人居ないんならそれが平均であって、ズボラ系など特に珍しくもないし、免罪符にもならない…とどうも妙な画一現象が現れてきた気がします。これ、書籍発行の時点で言われると謙遜と受け取りにくいんだよねぇ…複雑な気持ち。
昔の家事本って職業・料理研究家的な人が出してた気がします。
一億総発信源、情報の敷居が低くなってきたんだとこう言うのを見てしみじみと。
 ―話が横道に逸れましたが、まぁ何というかこの本、正直記憶に残らない感じの流し読み本になりました。
…うーん、著者さんの別本に野菜フリージングの本がある様なんですが、そっちの方が役に立ったかも??

 ―まぁ、結局は自分なりのコツと言うやつが、経験の上身に付くかどうか、家事の形なんてこれに尽きるのかもしれません。
ごちゃごちゃ言わずにまずは手を動かせと言うわけですね。
ふぅ、やるか。