元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
これが正解!ひとり暮らしスタートブック

 雑誌以上、専門書(?)未満的なイメージの本かな。
そのために必要な知識は網羅されてると思いますが、これを読んでいざ行動出来るかと言えばまぁもうちょっと読み込みたい所。自分でやるとなると通り一遍の事じゃなかなかね。
 最初から小難しい知識だの、方法だの覚えるのもしんどいからこれくらいでいいのも知れませんが。
 ただやっぱり住居に関するお金の話や、それこそ家事のコツなんかは突き詰めるとどこまでもいきそうなので、それぞれには別の本が必要そうです。
別冊特集本ぐらいの気持ちで読むべきかな。

 なんか家事本とか、家関係の本とか、必要でもないのに好きだから読んじゃうんだよねぇ…。
家事がしやすい部屋づくり

 最初にほほぅ、と思ったのは、2K団地で2人暮らしと言うこの下地。
…いいね。庶民の味方だね。
 この見た瞬間解る団地感のある室内写真に、綺麗事だらけのイメージ戦略本じゃないと思わせてくれる安心感を覚えます。

 実際、この面積で2人でと考えるとめちゃくちゃすっきり片付いたお家だと思います。
物の密度が気持ち良いすっきり具合だもの。
 これ、同居人が一緒にやってくれる、また散らかさない、基本的に視覚密度の感覚が同じ程度の人だから成り立ってるんだろうな。羨ましい。(あと持ち物量の多くない人。)
 うちなんかは同じ家に居る人と密度に対する共通認識が出来てないから、完全に好きに出来るのは自室だけだもんね。
(作者さんはこれを話し合った上で確立しています。素晴らしい。)

 家事が『しやすい』かどうかは使う人次第ですが、作者さんがどういう風に動きたくてこういう工夫をしていますと言うのを、完璧にノウハウとして自分の中で持っていると言うのが伝わってくる本です。
むしろこの本を読んでの感想は「ためになった~」よりも「気持ち良く生活してるなぁ」とニコニコしちゃう感じでしたもの。

 ところでノウハウ本は、読者側の注意点として、『取り入れたいと思い、実際に取り入れられるものだけ』を選ばないとダメですよね。
どんなに優れたノウハウでも、自分の性格や環境に合わないものはあるわけで、「真似出来なかった自分はダメダメ」とか思っちゃったら勿体ない。
ひとつだけでも身になれば儲けもん、と思って実用書は読んでいきたい―。
10万円のクリームより効く「何もつけない」美肌ケア

 …まぁ10万円のクリームなんて知らんけどな。(ドゥラメールでも無理だよ。)
 さて、しかしこれがまぁ中身は自分が既にやっている事で、ああそうですか、で終る。
しかし言っておくがこんな方法、自己免疫とか、内部からこの手の素敵な成分を供給出来る肌力があるの前提ですよ。
アトピーさんとか、スタート地点が違うからね?
 あと紫外線問題だけはどうしたって無理だよなぁ…。
何かしらつけるしかないし、落とすのにも洗浄剤が必要となる。
湯で落ちるやつはそれでも擦っちゃうしねぇ…。

 ただ、世の中の化粧毎日している人たちの素肌を見る機会がほぼないわけで、果たして同年代平均値と自分の肌のどちらがどうとか、よく解りません。
その上で化粧で難点を隠すのは計り知れない効果もありますしね。(何も付けない派はそこで勝てるかと言うとまた違う。)
 まぁ、確実に手間いらず、健康な肌にはなる事でしょう。これは実体験済み。
見た目が綺麗な肌≒健康肌って事で終了。
手づくりする手紙

 ああ、本気で手紙だけで一冊だ…。
可愛い紙好きと言うジャンルの人が、手作りするんだからそりゃぁいろいろ凝ってるよ。
でも簡単で、手間さえ惜しまなければオシャレで味のあるハンドメイド作品が出来ます。
 手作業からプリントゴッコ、外注まで。
カード、封筒、ちょっとした手紙のテクと、乙女な気持ちをくすぐる読書タイムです。
散歩で楽しむ野鳥の本 街中篇

 散歩と言えば野鳥ですな。
これがまた街中編と言う変わった括りです。
ああ、そうね。日常に纏ろうものの話の方が何というか楽しみ方が身近で、上手い路線かと。

 この図鑑が良いのは、鳥自体の大きさを原寸とか、スケールを刻んでくれていて、鳥の大きさのイメージが掴みやすい所。
これは上手いね。
実際の鳥を見た時、図柄で模様だけ、形だけ解ってても現実で判別しづらいもの。
 でも大きさと言う要素が入ってくると絞り判定が精度を増しそう。
良く見るあれはやはり鶺鴒なのかぁ…。
まぁカラスすら好きな割にいまだにハシブト、ハシホソの見分け付きませんが。鳴いてくれないと…。(あ、鳴き声という項目はなかったな。)