元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
ハンガーの行方
 ハンガー定数生活を始めて1年半強。
 そして只今のハンガー数は49。精鋭揃い…ってわけじゃなく、今後も着るかな、これ?とか意外と着勝手悪いなとか、そろそろ買い替えたいと言うやつがいくつかあってこの数だから、逆に安心するな。まだまだ余裕があるって事だから。

 振り返ってみればただ服を減らそうと意識していた時と今の意識は全然違っています。
120→100の時は処分する物は簡単に出て来るけどかなり抵抗があって、100→80は何を処分すればいいのかめちゃくちゃ頭を使った。80→60は行きつ戻りつ板についてきたけど変な焦りがあって、60→50がスパンが長く、落ち着いてきた。
いや、そもそも60ラインのつもりでいたくせに、馴れちゃったのか気が付いてたら50になっていたと言う感じ。
 …もう50ライン生活って感覚でいいか?(ハンガー10個、邪魔だからタンス内から出しちゃったしな。)

 でもって前回の振り返り10か月目の感想と今の感想がそう変わらないのですよねー。数が変わっても同じ感覚だなんて、人間、必要な服の数なんて本当いたかが知れているのかもしれない…。

 ひとまず50で進んでみるか。
これ以上は、自然に減るのは良いけれど、意識して目指す事は考えてないなぁ。(って、服の整理を考え出した頃の自分に聞かせてやりたい言葉だな。)
 長年の整理好きの中で、常にアンタッチャブルだったタンスの整理が、もはや苦手意識なくなってきたわ。
夏が来る前に
 よーし、家具を夏配置にしたぞー。(冬配置=結露対策で窓から家具を離す。夏はこの逆で本来の配置になる。)
どうせ湿気でカビるんだから一年中家具と窓、壁を離しておけばいいのにって?
いや、動線が悪いわ、姿勢が偏るわ スペースが勿体ないわで、結局半年に一度変える方がプラス要素が多かったりします。
これでも普通状態の時ですら家具と壁の間は結構余裕もたせてるんだぜ…。
 それに考えてみれば中掃除する時に結局家具動かすわけだから手間は同じようなもんかと。(配線変えが無ければもう少しハードル低い作業なんですけどね。)

 そんなわけで家具を動かすとその下の床磨きや、窓の桟あたりの掃除も当然のセットとなり、自然と自室の中掃除も終了です。
 勿論湿気帝国との戦いは今からの時期が最前線ですので、今回は買い込んできた除湿剤も交換しまくり。冬でも6箇所は常に配置しているのですが、増強して今は10箇所配置ですわ。ふふ…負けるもんか、今年こそ負けるもんか。
 特に今回は掃除の途中に外出を余儀なくされたので、首尾よくその間部屋の窓は全開風通し、マットレス(重い)やら布団やらも干せたさ!カーテン自体も夏用に交換したてだし、お部屋の布含有湿度が大幅に下がったはずだよ!( ・`д・´)ノ
 …しかし一気に大量のカーテンだのシーツだの大物を洗濯に出したので、今度はちょっと洗濯地獄に陥いるわけですが。

 ラストついでに通年水だらけなんだからもう湿気対策とかと別次元だけど、カビ憎しの勢いで風呂場も中掃除へなだれ込む。
風呂場は毎日風呂上がりに気になった所をランダムでちょこちょこ磨いているんですが、それは手の届く範囲の壁から下だけ。
中掃除以上の風呂掃除は、天井から塩素剤でがっつり磨き上げる作業が入ります。カビは上から降って来るのだ。
 ―しかしいつやってもうちの風呂場の天井ときたら、コンクリでぼこぼこ仕上げだから、スポンジ類は役に立たず。モップ逆手でプルプルしながら磨くんですが、塩素剤が降り注いでくるからちょっと危険作業だよ…。
 これさえなけりゃなぁ。
 風呂釜掃除も同時進行なので、そこいら中触れてはならない洗剤だらけです。一応最低限量しか使わないんだけどさ。
上から順に壁も窓もドアも床も、小物類やらも全磨き。
やれやれ、これでカビの発生は遅らせられるかしら。
 (例の画期的と思った燻製タイプのカビ防止剤ですが、ぶっちゃけあんまり効果が無くて、物理的にスポンジやブラシでコマメに水洗いだけの方がよっぽどカビは生えてきませんでしたので、今は使ってません。残り香も微妙だったしなぁ。)

 いやー、梅雨、初夏~残暑まで、嫌いだわー。湿度も温度も日差しも体調も着る服も、何一つ好きな所がない季節だわー。(;´・ω・)
衣替えはないけれど
 次のシーズンまでお休みいただく衣類の仕舞支度はあるんだなぁ、なんて意識するようになりました。
なんせ衣替えがあった時はまだクリーニングしてから防虫剤入れて衣装ケースに…と言う流れはあったものの、衣替え無しにしてからは防虫剤すら入れる必要なくなったしね。(毎日数回タンスは開け閉めするし、全吊り収納だから風通し抜群。)クリーニングも出してしまえば意識にも上らない。
 それが今再び、『クリーニングに出さずに自分で洗えば行けるんじゃね?』となってから、この自宅クリーニング作業で衣替えを強く意識するようになったわけですよ。(正直結構面倒臭くはある。(苦笑))
特に冬物を洗う時は細心の注意と共に体力と時間を食いますからね。
 まぁ一番の大物のロングダウンジャケットをやっつけた後なので、トレンチコート辺りも粛々と終了。
後はちまちまと洗っております。
 今後は衣替えの季節になると『風呂場で手洗い』が行事として思い出されるようになるんだろうなぁ…。
(結局ロングのカシミヤだかウールだかのコートのみ、クリーニングに出してます。)

 自分なりの手順も確立されました。
専用洗剤も柔軟剤も使わずでセスキだけで洗うわけですが、浴槽に張られたセスキ液で、まずそのまま浴槽を洗う。(めっちゃピカピカになる。)
その液で壁から床から洗い倒す。(本当につるっつるになる。)
最後に追い炊きして風呂釜掃除まで出来ちゃう―。
か、完璧だ…。
 このクリーニング作業をやった日は、風呂掃除が捗る日でもあるんです。
なんせお湯&大量液&濡れてもいい場所と言うトリプルコンボであっちゅう間に汚れが落ちますからね。
 ―ただし、肌は荒れるので体にかからない様に注意せねばならぬが…。
 衣替えついでに、風呂場の大掃除にもなっていいか?どうせ半年一度くらいの頻度だろうしね。
埃落とし
 春の慌ただしさに忙殺されていて、大体休日は驚く程に寝ておりました。
え、何でこんなに眠れるの?病気?ってくらいに。
…人間疲れると寝るのねぇ…。
(なお最近は忙しさのせいで日記も大体リアルタイムから二週間くらい遅れてアップしております。(苦笑))

 さて、久しぶりに早朝に自然に目が覚めたので「はっΣ( ゚Д゚)」って感じに飛び起きてお部屋のお掃除開始。
久々に上の方からの埃落としを…。(精進落とし的な響きがあるわ。)
 普段は椅子に登らないといけない場所より下の範囲しかコマメに掃除しないからな。
照明、桟、カーテンレール、エアコンの上、タンスの上―など。
 この作業自体は面倒臭くないのですが、何が面倒くさいって下準備。下の物が落ちてきた埃に侵されるので、くまなく仕舞い込まないといけないのが面倒。
表面上出しているものが少ない私でも面倒なんだから、普通以上の部屋の人らはハタキ系の掃除、どうしてるんだろう?(化学系ハタキで落とさない様にやるのかね。私はどうも普通のハタキが好きみたいで。)
 このおかげで、普段上に出している小物類はトレイの上にしか置かないようにしてます。机の上に一個、ドレッサーの上に一個。トレイごと片付ければ一瞬だもんね。
 後は吊ってる服と飾ってるキリンさんらを一気に押し入れに仕舞い込む。(だから押し入れにも空白が必須。)
難点は布団だよなぁ…。
 多分一番埃を吸い込むんでしょうけど、ベットカバーしたところで結局ベットカバーにも埃がと言うループにハマる。あの手の大きな布って、外でパタパタやるのも大変だ。
まー、今回は大雑把に扇風機を回して埃を落ちさせない方式で。

 床の掃除機までかけて完了。
やったらそんなに時間がかかるわけでもないけど、気力ない時は本当エンジンかからんよね。
 あと掃除って、本当埃の視認性にかかってくると思うわ。
毎日溜まる、これが基本的に私の掃除嫌いの所以だな。整理整頓は一回すれば崩さない限りそのままじゃないか。キリがない作業って苦手。

 さてその後は気力の続く限り掃除表チェック。
間が空いてしまったトイレの窓、台所換気扇のフィルター、レンジ等、粛々とお掃除完了。
重宝過ぎる、この掃除表…。(´ω`*)

 次はそろそろカーテンを夏物に変えたり、ベッドマットのローテーション、家具の夏配置―の時期だな。体力ある時にやろう。
ダウンを洗う
 洗うシリーズ今度はダウンコート。
しかもロング丈なんだが、重かろうなぁ…。
 だがもはや私に躊躇はない。(ウールのコートとかはやらないけど。)
乾かし方さえ失敗しなければ、ダウンも家で洗えます。そのはず…らしいよ。
 どうもねー、2シーズン程クリーニングに出したにもかかわらず取れてない染みが合って、毎冬微妙な気持ちにさせられていた。
洗いたてなのに、汚れものを着ているような感覚。
もういい、自分で洗う―!(; ・`д・´)

 と言うわけで、浴槽に湯を張ってセスキドバーっ。
シミ部分と袖、首周りを徹底的に洗ってから、後は通り一遍湯の中でジャブジャブ。
…うわぁ…得体の知れない茶色い液体に…。(;´Д`)
 まさか色落ちではないとは思いますが、基本的にタンパク汚れが落ちてるはずですから、まぁ妥当か。

 さて問題の乾かし方は、遠慮なく脱水機にかけて、ひたすらヨレを戻して風通しの良い所で陰干し。日が落ちたら、室内で扇風機当て一晩。
失敗するとダウンがぺちゃんこになるらしいが、相変わらず賭けよね。
 洗う時に中まで水を通してはならない、押し洗いのみとか書いてましたが、んなもん、通るっつーの。押し洗い程度でこの汚れが落ちるもんかっ。

 さて翌朝確認してみましたが、全然ふっくら綺麗に仕上がりました。…何だったんだ、色んな所で読む警告の類は…ってくらいにあっけなく。柔軟剤すら要りませんでした。
シミも取れたし、これは次からもいけるなぁ。
 しかしたった一冬で、あんなに水が汚れるってちょっと怖気がしたわ。
ダウンはそんなに汚れない…ってどこかで聞いたんだけど、どういう基準なんだろうか。
 何事も自分でやってみると驚きの事実が隠されてるもんだね。