元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
只今のカバン
 とりあえず革鞄を衝動的に洗った日から、すべての鞄を念入りにメンテして見直しをしていました。
汚れや消耗度は勿論の事、今のライフスタイルに合っているのか、不便はないか、テイストは変わらずに好きか…等々。
 やはり一軍以下は多少の入れ替わりが発生。

 そんなこんなで只今のカバンの数は8つ。
★不動名だたる冠婚葬祭用。何が気に食わなかろうが減るに減らせない厄介な一品。
★荷物が少ないんでこれで何とかなるそこそこの大きさの旅行用ナイロンボストン。私の旅行にカートとかスーツケースなんぞ要らぬ。軽さ重視で日常的にも流用。
★タウン用だけど軽めのハイキングもこなしてもらおう、リュック。
★革の割に雨の日でも結構いけるショルダーバッグ。ヘビロテ。
★雨の日には使えないかっちりめの革ハンドバッグ。ヘビロテ。
★手ぶら大好き、革ウェストバッグ。
★別名水筒運び用トート。先日のサブバッグから買い直しをはかった。
★ランニングポーチ。こちらも保管場所が悪かったのか、吊っていた金具から錆び移り。…ぇぇ~…。(;´Д`)白いのにご無体やで…。あと数年使っていながら今更なんですが、揺れ時のフィッティング感が微妙なので新調しちゃいました。春の浮かれ気分が怖い。

 これに他は数には入れないエコバッグと図書館バッグくらい。保冷バックもカバンではなく単なるアルミ袋にしたから嵩張るものはちょっと減ったな。(持ち運びも省スペースでよろし。)
 今後革のハンドバッグとショルダーバッグは念入りに吟味の上、統一予定ですので、あとちょっとはすっきりするかなぁと。

 じりじり減らしてきてはいるんですが、何のかんのと全然どうにかなってるし、まだまだ使用頻度の少ないものがあるってのが困惑するよねぇ…。
 とりあえず用途と形の被るようなものは無くなりました。日々進歩。
只今のクローゼット模様
 来季買えばいいやと処分しまくったツケがそろそろこの春夏で現れ始めます。
この間のタンスの状況から考えて、春夏の入れ替え買い足し第一陣は4着に決定。これにてタンス内ハンガーは51個となりました。(まだ買い揃えてないけど。)
 やっぱりハンガー60上限は私にとってちょうどいい感じの数みたいです。
50~60の間で収める感じ。ちょっと足りないかもなくらいで苦まで行かず余裕ある。

 で、やっぱり服を買い替えるスピードが上がったせいか、コンスタントに被服費がかさむ感覚にはなります。
今までは一着の使用頻度が低いからそう傷まず、延々着てたから新しく買う事も少なかったけど、今ははっきりと布のくたびれ具合が見えるからね。結構待ったなし。(その分、今までにつぎ込んで来た被服費が物凄かったわけで、今の方が安く仕上がってるんですけどね。無駄服も多かったし。)
 すっきりお別れ着倒し満足度も高いし、その時の気分で新しい服を買えるのは良い事だし―って、ただ、基本的にオシャレに頓着してないもんで、新しい服を吟味して買うのが面倒臭いとか思っちゃってる人がここに居ますよ?OTL

 うふふ…何のシチュエーションの服が足りないかは常に把握出来るようになりましたけど、さてそこに当て嵌めるピースが具体的にどのような服なのか欠片も思いつけない。(実は買おうとしている4着も半分以上売り場を彷徨う予感。例えば休日用トップスが足りないけど、何を着りゃいいのかわからん的な。)
 あれれ~?仕事着はルールが決まってるから物として探すのは大変とは言え目標で迷いはしなかったけど、私服となるとまず目標が立てられんわ??何着てもいいって自由度高すぎて目が泳ぐ。( ゚Д゚;)
 いやー、これは久しぶりの本気ウィンドゥショッピングが要る案件ですよ。
そりゃ自分に似合うシルエット、色、シチュエーションに合った着回しの出来るもの―ピンと来るのがなかったら買わないけど、それで不足服が補えるわけでもないもんな。
間に合わせに失敗服を掴む危険度、高いったらありゃしない。
ううむ…私服の定番化、制服化したいな…。(そもそもそれすらも考え付かないという話なんですが。(苦笑))
 冬は割と考えなくていいんですけどね。
春夏は自分に向いてない季節だけあって、余計困惑するわぁ。
寝押し
 一度革鞄を洗うのを覚えてから、もはやどんなカバンを洗う事にも躊躇が無くなってきたのですが、そんな私を困惑させるカバンが現れた。
 サブバッグなんですけどね、これがいわゆる帆布でまた分厚いもの。頑丈で良いんだけど、染色がナチュラルに禿げるのが結構難点で…。
まだ洗う前ですよ?
 百歩譲って使ってナンボの鞄なのでそれは良いとしても、この間とうとう中でお茶が浸み出したようで、うっすらと茶色いシミが付いてしまう。
 洗うと染色が抜けないか心配だったのですが、それは本体が禿げるよりも洗濯機での色移り。
仕方なしに手洗いにしました。
 するってぇーと、石鹸擦り洗いの割に何故かお茶の汚れはすっきり落ちず、かつ…とんでもない皺が寄るのです。
…ぇ?こんな固くて分厚いカバンに、皺、寄るの??(゜_゜;)
うわー、マジかぁ。
 またこれが手で伸ばせるような布じゃないから、いくらびしょ濡れで干しても皺は戻らず。
これはアイロンが要る。
面倒臭い。て言うか、

うちにはアイロンがない。(不思議)

 これはアイロンが必要な服を買わないと言う事を繰り返していたら、本当にアイロンが要らなくなったと言うだけなんですが、とにかくないんだ。(大抵のものは干し方でどうとでもなる。)
パリッとした糊の効いたシャツとか肌に痛いから嫌いだしさ。

 そこで日本古来の技、寝押しってどうなのかと試してみる事に。
布団の下に引いて痛いレベルの帆布鞄ってどんなもんだと思いながら、一昼夜。
 確かに…うん、確かに若干皺が伸びたわ。寝押しって効果あるんだな。

 でもまだまだ気持ち良くは使用出来ない感じ。沁みも何故かしら取れなかったしなぁ…。
 色落ちと言い、ちょっと扱い考えた方が良いカバンの様です。まさかこんな落とし穴が潜んでいようとは。
とりあえず諦めてアイロン(家族の家で)かけてみるかね…。
玉突き整理
 ゆっくり進行していた家人の蔵書整理が、ようやく3分の2くらい虫干しが終わったご様子。
家人は読書大好きなくせに本自体はあまり丁寧に扱わないので、ケースはないわ、ページは折れ曲がってるわ、シミだらけの本ばかりですが、量だけはある。
 再び捨てる本と残す本に分けて、ケースに詰め直し。
各部屋に点在していた本類はこれで一か所に集められそうです。(ベッドの横にとぐろ撒いてる本は見ないふりだ。)
 ひとまず衣装ケース3箱に今読まない本を詰め込んで、積み直しついでに物置の整理になだれ込む。
 朝からなんかやってるなぁと音で気づき、飛び起きて言われもしないのに参戦して、私が誘導したとも言いますな。
あ、あの部屋の箱も持ってこようか?この箱潰しちゃう?ゴミ移動するよ、掃除機掛けるね~、やるよ、やるからさぁ、

この勢い無駄にしないで☆(*‘∀‘)

家人に掃除神が降りてるチャンスは逃さないぜ…。(電気毛布やスリッパや燃えないゴミ系も捨てたった。あと仕舞いこんでると使わない一方だから保管されてた靴も綺麗に下駄箱にIN。大事にしすぎてて手入れしないまま放置とか、一番ダメなやつじゃんねー?)

 で、いわゆる押し入れサイズ衣装ケース。それのハーフサイズがふたつ、今回の整理によって空きました。
ちょうど良かったんで、私の管理している非常食入れに活用させてもらう事に。
 今までは蓋の付いてないケースで押し入れに入れてたから、高さの面で収納を活かしきれてなかったんだよねー。
(とは言え、実際は空間に余裕残して収納する方がいいんだけど。)
 頻繁に出し入れするもんじゃないし、埃を防げるからやっぱり蓋付きが魅力的。
 収納は主食、副食、消耗品と箱3つに分けて家族分全部私の部屋の押し入れに入れているんですが(私が賞味期限管理しているから、いじりやすい)、これらをハーフケース2つに全入れ。
重くなりずぎても困るから、軽いもの、重いものを分散しつつ、まぁ綺麗に収まりました。トイレットペーパーなんて衛生的にも気になってたからケースに入れられてホッとしたわ。
 湿気は…どうなんだろうな、このケース?
まぁひと梅雨越してみないと不明です。

 水だけは押し入れの底が抜けそうなんで別置きのまま。
うん、私の部屋の押し入れは、なんか底がベコベコしてて、ウォークインみたいに足を踏み入れようもんなら、床を踏み抜きかねないんだよ…。(;´Д`)
 でも物を出し入れするためには、一歩踏み入らなきゃいけないので、総重量には常に気を遣います。
缶詰以外は軽いものだけなんだけどね。
 このベコベコは建材が薄いのか、湿気によって弱っているのか、どっちだ?どっちもか?
そろそろ乾燥剤買い込まなきゃいけない季節が来るわ…。(早ぇよ)
無事リメイク完成
 革バッグの持ち手を変えてみました。
重いものを持つ事が多いんですが、てこの原理か遠心力か、バッグが体と言う支点から遠ければ遠いほど、荷物が重く感じる…。 なのでショルダーを取り外し。
かなり短めのハンドルにしてみました。

軽い、軽いよ!荷物が軽いよ!(T▽T)

 まず色味が想像していた以上に合わせられて良かった。(結局、遊ばずに同色にした。)
選ぶ時にバッグと同じ色の名前の革もあったんだけど、長らく使用している分、革の色は濃くなっているわけだから、それを見越してちょっと濃いめのやつを注文したんだよね。これが正解だったわ。
 シルエット的にはバッグだけで見た時、バランスがちょっとおかしいんだけど、持ってみると実にちょうどいい位置にバッグを持てる。
うん、これもあとひと踏ん張りには十分仕上げられたと思います。

 実際に次のカバンをいつ見つけられるのか、この二つの革バッグを超えるものがなく延々使い続けているかは不明だけど、機嫌よく新しいカバンを吟味しながら、これまた機嫌よく、現役バッグを愛用していけます。
 いつもはカバンをダメにして、ろくな吟味もなく即買い替えてるからなぁ…。この余裕が嬉しいわ。

 久しぶりにバッグチャームとか付けてみようかな☆