元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
化粧水の速度
 秋頃から肝斑治療を始めましたが、お医者さんの言う事にゃぁ、『保湿』しなさい、と。
………角質培養(良い様に言った)はダメですかね?
 とまぁ、ある程度は培養出来てるからちょっとくらいいいか、必要以上に落とさなきゃいいんだから、上から化粧水塗るくらいは妥協するわ。冬の間だけわな。(おい)
 と、そのために買いました化粧水。
旅行用(35ml)。
 …うん、かれこれ3ヶ月経ったけど、まだまだ残ってるな?!
冬で、かつ使おうとしててこれだもん…。

 まぁ言い訳をさせてもらうと、一応その間にサンプルパウチ貰ったり、病院に備え付けてあったり、ハンドクリーム塗ってたりはしたんだ。その分減りは少ない。(ハンドクリームについては多くは語らぬがマジにほっぺツルツルになりますから。)
 そんなハンドクリームもまだ半分以上残ってます。どうしよう、これ以上に小さい容器で売ってないんだけど、もう余らせる事に妙な罪悪感だよ。(でも消費期限的にワンシーズン過ぎたら処分するけどなぁ?!―と言いながらボディクリームにもせっせと使用中。)

 なお同じ頃に始めた爪水虫の方ですが、こちらは勝率50%と言った所。治ってきたように見える方と、どう見ても変化のない方。
…対象が小指と薬指(足の指はこうは言わんけど)だから、観察しにくい…。OTL
経過を見るために爪削りをストップしているのですが、これがまた生えるのが遅くてね。

 いろいろ遅々として参ります。
治らないったら治らない
 周囲の人に「なかなか治りませんねー」「酷くなってませんか」などと言われそろそろ私も重い腰を上げる。
…最悪ワンシーズン駄目パターンも経験済みですが、これってやっぱり長いの?え?回復すら見えない?

 はい、気付いたら気管支の奥と言うか肺の真ん中ら辺と言うか、その辺りから呼吸の度にグゴログゴロ~、と嫌な音がする。…やっちゃってる??気管支炎、マイコプラズマ、喘息、片足突っ込み始めてる??
 前回熱はないなどと言ってましたが、測ってみたら38度くらいあったようで、これがまた不思議な事に午前中にこれくらい上がって、汗掻いて下がって…と昼夜には平気。ほぼ毎日このパターン。
この微熱とか、一定時間だけ熱が上がったり下がったりの繰り返しって、妙っちゃ妙。
 この症状で検索してるとマイコっぽいんだよな…。
(面白い話を見つけまして、ウィルス系は夜、細菌系は朝に発熱しやすいんですと。
この手の本は無かろうか?知りたいなぁ。)

 で、大人しく呼吸器科にかかりましたら、問答無用で血液検査。その結果でレントゲン撮ったり色々進めて行くそうです。
…でもマイコだったとして、血液検査ではっきりわかる頃にはもう落ち着いてるだろうし、すぐわからない検査ってこれだから嫌いさ。
仮に何か『感染るやつでーす』とか言われたところでさ、今更遅いでしょ。
 とりあえず大人しく検査結果待ちですが。
 しっかし咳は本当に体力奪ってくれるよなぁ…。今の歳でこれだとか、老人になったら確実にHP削られるわ。
冬だと言うのに
 私の部屋の湿度は50%弱です。
今までに見た最低ラインが46%。
 自分の書いた記録ではかつて「うちの部屋の湿度は12月でもでも80%ぶっちぎり。冬だけは余裕だな!」とか言ってたんですけど、えらいこっちゃですよ。余裕ぶっこいてる暇なかった。
こんなに下がっちゃうなんて初めて!そりゃぁ喉もやられるわ…―と思って加湿対策のサイトを探ると、

冬は40%以上(60%以下)を保ちましょう。

とか書いてるんですが…え?なんて??
 ちょっと待って、なんの対策も無しにクリアしてんのかぃ?うちの部屋。
じゃあなんでこんなに喉が痛いんだ?!(風邪だからです。)
納得いかぬ。

 一応、納得いかなかったので、初めて濡れタオルを置いて寝る事に。洗面器を持ち込んで、簡易毛細現象的な加湿システムも仕込んでみる。
あっという間に湿度は60%弱に。朝起きると安定の74%。いや、そこは60%超えてくれなくていいんだけど、もしかして…カビに塩を送ってる?
 温度はエアコンを切って寝て11℃でした。
(そして喉は痛いままです。)
風邪をひく
 …おかしい。この冬の初めにもう風邪はひき終ったはずなんだが、違う風邪なのか?
ワンシーズンに二回も風邪をひくなんて、納得いかない初めての事です。
 しかし前と全く状況が同じで、喉が痛い嫌な予感と共に、すぐゴボゴボ言う嫌な咳にシフト。
今回はもうヤバい?と思ってから36時間以内に病院行ったもんね。チクショー、それでも早く動いたからと言って『それ以上ひどくならない』『早く治る』とかないんです。
 人が七日かかると言う風邪なら私はその二倍かかある自信があるからな。喉も弱いしワンシーズン丸々喉が潰れたままだった年もあったさ。

 さて、今回の初めてケースはこれだけじゃない。
ノドチンコから血が出たよ。
うん、切れてる感じね。口を開けたら裂傷起こしてるの見えるんだよ。吐血だわぁ。(棒)
 心の中で燕の巣、燕の巣…と言いながら病院の薬だけは飽き足らず、薬局で喉スプレーと喉飴を買う私。
 実際1日中喋ってる仕事だから、喉を休める暇なんてないんだよなぁ…。
しかしえづくわ、咳は勝手に出て来るわで、喉の奥(肺ぐらい)まで焼け付く様にヒリヒリしてるのが解ります。
 あのねー、アルコール飲んだ時とそっくりな喉の奥(本気で肺の位置くらい。胸の中央)の感覚。なんでアルコールっぽいんだろうって不思議に思ってたんだけど、よく『焼け付く様な酒』とか言うのは、本気で酒で喉が爛れてるんじゃないかって思いましたね。
単に私が下戸だからこの不快感をアルコールと同じ様に感じるのかもしれませんが。
熱いよぅ、ヒリヒリするよぅ…。

 待ちに待ってた休日だけでも、せめて一切喋らない様にしようと家人に宣言したら、「お前はマイコプラズマにかかりやすいんだから、マイコプラズマじゃないか?」と言われました。
マイコプラズマって、一回なったらなりやすいとかあんのか??よく解らんがそういう説もまことしやかに流れているようで、まぁ体質的にとか、かねぇ?少なくとも自覚するくらいの発熱はないので単に『喉の弱い人』だろうと思われます。
(仮にマイコだったら、感染るんでいろいろヤバいんですけど…。今回は恐らく、周囲の方から感染された風邪だと思ってます。)
 ところで、私が小学校生活頭からいきなり入院で遅れてスタートしたのはこのマイコのせいだったらしいよ。おや、何と言う因縁の気管支ダメ人生。筋金入りじゃないか…。OTL
荒れた畑に肥料
 あくまで当社比の話なんですが、最近すこぶるお肌の調子がよろしいです。
あ、アトピーや手荒れの話でなく、お顔をのね?

 化粧品どころか洗顔料もやめるに至って肌培養が出来上がったのかは知りませんが、勿論ただそれだけじゃ『別に荒れない』程度のものです。
 ここにですねぇ、さすがに冬は乾燥の予防も要るかしらと、毎日ではないのですが気の向いた日に化粧水だの乳液だののサンプルパウチをぶち込むわけですよ。
そうしたらもう、ただその一つそれだけで、もうふっくらつやつやさらさらのお肌に!
…これはかつてSKⅡに手を出した時並みの仕上がり…。
 いや、冗談じゃなくてね。
かつてのデイリーコスメ中のSKⅡと言うドーピング並みの事が、今そこらのデイリーコスメひとつで起こっちゃうのですよ。
偏に普段との差分だと思います。
何もしない所に効きまくるこのブースター理論。
 とうとう「あー、このハンドクリーム、絶対使い終わらないなぁ、余るなぁ、ボディにも、顔にも使っちゃうかー」で付けたやつが超絶良い感じに仕上がったと言う実績まで。(ニベア青缶ですらなく本気でハンドクリーム。)

 勿論これを毎日やると今度はまたそれがないと平均ラインを維持出来ない貧弱肌になってしまいますので、甘やかし過ぎてはいけません。
目安は風呂上がりに何も付けないでいて乾燥し始めたらもう甘やかしすぎてるサインです。
その時は何もしないのを2,3日続けると再び平常運転に戻ります。
メリハリって大事ねー。
 多分夏になったらヘチマ水の一つで満足出来る気がします。ただ、あの手のボトルって大容量過ぎて消費出来る気がしません。

 しかし顔よりも虚弱な手の肌ってどうなのよ、ねー。