元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
山田風太郎明治小説全集 4

 二段組でちょっとだけ怯む感じの厚み。
ううん…読むとのめるくせに、どうしても先にビビるわ、山田風太郎。
 これ、しかし全集なので『明治断頭台』と『エドの舞踏会』の2本が入っている。

 『明治断頭台』は、開国の混乱を極めた少し後、新しい風を受け入れる者、受け入れぬ者で、政治的な思惑の違いの元、政府とはどうあるべきか、と言う大志を基に動く男たちの話。
一応主人公とそのライバルのような関係の男は、親しい間柄だが、政府が正義であるかどうかで意見が違う。
 腐敗した政府が悪いと言うどこまでも厳しい主人公と、いや、確かにそれは悪いが、理想論だけではやっていけない、清も濁も必要と言うライバル。
 そんな中で章毎に政事にも絡む奇妙な殺人事件が起こり、主人公が解決していくと言う連作。
 政事とは言え、明治と言う時代の事、そこには武家の思想も未だ残っており、政略結婚だの、外国人差別だの、お家同士のあれこれだの、単純に『政治』の事件ではない。
成程、この時代ならではの構成だなと思う。
 また、解決するのは主人公、とは言え少し変わっているのは、実際に犯人を糾弾するのは『死人』と言う部分。
正しくは、主人公の囲っている女が巫女体質で、被害者の魂を呼び寄せ、真実を暴く感じ。
 勿論、これは主人公が情報を集め推理し、確信をもって女に教えて演技させているんだろうなと思うけど、当時の風潮的に、まだこれで通じちゃうところがある。これも面白い。
 ただ、この女と言うのがフランス人なのです。で、巫女の格好。違和感…と共に、異国の女を囲いよってと周囲の人間からの糾弾も噴出します。
元より押しかけ女房なのですが、私としては本来の婚約者の日本娘(健気)の方がプッシュだわ、これ。
 主人公はフランス娘の方も嫁にするつもり無し、渡航時に、勝手についてきたとしか言わない。
ここら辺、何か企んでそう。
 まぁ最終的に主人公は、あくまでも己の理想のために生き、死んでいったので、女の事など二の次な気はする。
 それでもフランス娘の身をきちんと守り、日本娘には自分の生き方は危険だから巻き込みたくなかったと告白し、ラストを迎える。
 こうなってくると逆にフランス娘の立場が空しい気もするけど…まぁ、信頼され政治活動を一緒に成した立場と、実は愛され守られていた立場、女としてどっちが良い?と言う微妙なところ。
恋愛小説でもないしね。
 お話自体は結構グロかったりします。
断頭台と言うタイトルの通り、首は飛ぶ、四肢は分断。
 男子たるもの思想を持って生き、死ぬのが当たり前だったような時代に血生臭く、それでいて東洋と西洋が入りまじった華やかで怪しい舞台背景に、その香りや色が濃厚な作品です。実在の歴史的人物もバンバン出てきます。
なんか好きだとか嫌いだとか言う前に、圧倒される怒涛の展開でした。
 ラストだけで、今までの主人公の行動が、執念が見て取れる。

 『エドの舞踏会』は、これが気になってこの本を手に取った作品。
エドって、人の名前じゃなくて、江戸、なんですねぇ。
 これは、鹿鳴館が出来た当時の、実在の人物たちをモデルにした物語。
 これまでも明治辺りの話を読んでいると、鹿鳴館とそれを取り巻く官僚の『奥方』たちが凄かったとちょくちょく書かれていたので気になっていた。
 時代が時代、奥床しさと高潔さが故に、洋装をして踊るなどはしたないと、元々武家の娘であったご婦人方はなかなか舞踏会に参加してくれない。
 夫たちも、いつもの仕事ならまだしも、舞踏会へは夫人随伴とあっては、なかなか難しい。
 それを時に踊りを指南し、英語を話し、洋装で堂々と夫のパートナーとして表舞台へ出てきたのは、元芸者のご婦人方であったと言う実話が元。
 この時代、軍部や官僚たちの奥さんは、芸者から引き揚げられた人が多かったご様子。
彼女らは生まれや育ち、その並々ならぬ人生経験から、気丈にも『新しい時代』に果敢に立ち向かえたのですね。
 実際には舞踏会を中心に、それぞれの夫婦の形を描いた物語がいくつも続いていくのですが、この作者さんのお話にしては珍しく女が主役の(視点は男主人公ですが)ものですので、全く違うテイストの作品として読めました。
かなり面白く、一気読み同然。
何せ彼女ら、強い!
 出てくる男たちは歴史に名を遺す官僚たちなのですが、そんな男ですら時に舌を巻くほどの『強さ』を持っている。
 少女の頃より留学経験を持ち、開かれた思考や語学力を持つ者、夫の妾を目の敵にするどころか、共に夫に一泡吹かせようと画策する者、上品に生活をしていたと言うのに、理不尽で野暮な青年から若い娘を助けるために、啖呵を切って札束を切る者、黙っていれば解らないのに、嘘は嫌だと自分は元遊女だと公言する者…。
まぁ、格好いいは、潔ぎ良いわ…。
 話に上るだけですが、主人に手を出された奉公人が身ごもり、子供を産んだ後、奥方に申し訳ないと自害したなんて話もあり、もうそれを読んだ時には、女の覚悟が凄すぎるやら男が情けないやらで、絶句です。
 とにかく男だろうが女だろうが、一本芯の通っている人間が多いのですよね。また『すべき』事もたくさんあった時代ですから、激しい生き方にならざる得ないのでしょうか。
 男は日本を変えると言う政治に心血を注ぎ、女は女としての意地を見せながら、夫を通じてお国のためと頑張る。
 中にひとつ、夫が浮気した事を知り、怒るばかりかそれを逆手にとって、何故上手く政治的取引の材料にしないのか?と詰め寄る細君がいて、あの時代によくぞそこまで政治的手腕に明るい女性がいたものだと感心しました。
想像するよりも女性が学べた環境だったのかな?
 見るからに内助の功ですが、何のかんの言っても、ほとんどの夫婦は夫の女癖が如何に悪くても、手厳しい一発を返すくせ、結局最後まで添い遂げる人が多くて、それも面白いもんだなぁと思えます。(別れる所はそれはそれで浪漫なのですが。)
 普通に、その当時の鹿鳴館のご婦人方の資料を読むのも面白そうですが、こういう風に小説仕立てになっていると、より一層彼女たちの凄さを感じられて良いですね。
 とにかく格好いい作品です。(なお、実在の人物男性陣らの女癖の悪さエピソードに大体呆れる事になりました。おおよそ政治を語っている時は格好良いのにねぇ…。)
雷獣びりびり

 雷獣が主人公の妖怪系時代劇かと思いきや、雷獣は思考としてのセリフが無くマスコット的なもんで人間主人公がおった。単なるあやかし時代劇…っと。
なんかこうなると某あやかし話と被るのだけど、中身は大分違ったな。

 妖怪が認識されている世界で、それを捕えたりする改方が主人公。雷獣は彼の許嫁(幼女)に飼われている猫です。(大分はっちゃけた説明ですが。)
しかし本気でロリじゃなくて良かったわ。江戸時代ならそんな無茶な許嫁も有りそうなもんだけど、主人公はひたすら彼女の父親への恩義でそれに甘んじている感じ。20代前半くらいか?
 ただむしろ幼女の方がしっかり者タイプなのか嫁気取りと言う感覚らしい。んー、まだよくわからんが、少なくとも妙な落ち着きはあるな。
この娘の母親は剛毅な感じで、河童や武者鎧の妖怪を料理屋で扱き使う感じです。

 割と続いてるシリーズのようですので期待したのですが、数話読んでみて、途中でちょっと首を捻る。
なんでかしら、面白くない。
 まず主人公と幼女の会話が必要最低限でワンパターン。
特別なエピソードを感じさせる会話にならない。
会話や状況で見えて来るべき二人の個性(特に幼女)もまるで見えてこない。
何が好きとか何が苦手とか、お互いの力関係とか。
 これが大なり小なり主人公の他のキャラとの会話、関わり方にも同じような事が言える。
比較的夜ノ介は夜ノ介の方がいろいろ食わせ物で話を進めてくれるから意味も出てくるんだけど、主人公で引っ張っていく展開が印象に残らないんだよなぁ…。
 あと展開の強引さ。
常にタイミングよく幼女&雷獣が主人公を助けに来るけど、この展開がお芝居を見てるみたいで。
 無駄と言う余白がなくお話を作る時の骨組みだけを見ているよう。最低限の展開が故、都合の良い展開にも見えるのかなぁ…?(逆に言うと素晴らしく簡潔にお話をまとめてるので冗長にはなっていない。)

 この一巻の中だけで言うと、終わり近く、いきなり善鬼の話に戻ったと思ったら夜ノ介と因縁深いってのは出来すぎ感があった。
まぁこれは夜ノ介自体改め方に妙な入り方をしているから完全に設定の内でしょうが、妖怪のゲストキャラの様な点のキャラは多いのに、線のキャラが少なすぎて、今は浮いちゃう感じかな。
多分一巻では私は嵌りきらんかったのでしょうね。
 ただキャラには可能性を感じる。
幼女だの夜ノ介だの、人物一人一人の『こういう登場人物が居るよ』チョイスは好きなんだよね。
 ちなみに漫画化されているようでそちらのビジュアルを見たのだけど、幼女も雷獣も可愛いわ、夜ノ介の食わせ物感が出ているキャラデザもいいわ、見ていて楽しかった。
(主人公かっこよすぎだけど。)
もしかしてこれ、漫画で読んだ方が好きかもなぁ…。

 個人的に続きはないのですが、このノリの時代劇はなかなかないと思うので、物語としての印象は良かったです。
えどさがし

  しゃばけ…の外伝?
成程、時間を超えての各キャラ主人公話だね。
 
 佐助が好きなんですが、最初は佐助の過去話。
『五百年の判じ絵』。
何故子守する事になったのかの件。
いやぁ、私ならキツネAもキツネBもこの厚かましさに速攻追い払うね。
佐助は暇だし気まぐれとは言え、人が好すぎる。
この世は皆、天衣無縫のおキツネお祖母様の一人舞台じゃないのかしらと思えるくらいに事を進めてくれます。
判じ絵の謎解きは面白かったし、佐助の承知ぶりも和んだけど、主役が喰われたみたいに感じてしまった。
もう少し佐助が単独で目立つ話が良かったな。過去話なのは良かったんだけど。
 『太郎君、東へ』。
発音が違うとおかしな感じ。
ネネコ親分のお話で、ちょっと珍しかったが、面白かったのが昔話の様に何故川が東へ流れるようになったのか、等逸話の様なお話に、しゃばけのノリでなく読んだ。
川自体を人格としてのキャラかぁ。
これは東へ逃げるわな。
楽しい。
 『たちまちづき』。
妖怪退治の高僧だが、お金は公言して集める寛朝のお話。この人、実を取るタイプで正直だし、駆け引きしつつも真のところで外さないから好きだわ。
妖怪に憑りつかれているからなんとかしろと言われても、妖怪なんぞどこにも見えない依頼主に、どういう解決策を与えるかと言うと―。
まぁ自己解決みたいなもんだけど、気弱な旦那と強気な嫁と言う力関係が逆転するのが心地よい。
 『親分のおかみさん』
病弱なおかみさんだけど、こういう風に強くなるのは良いね。親分さんが本当に愛妻家でほっとする。
子供の成長も楽しみです。
 『えどさがし』は『明治・妖(あやかし)モダン』とのコラボと言うか、繋がりある明治の地で。
ははぁ、妖怪繋がりか。
こう言うの、ファンにとって嬉しいだろうねぇ。
江戸物なのに明治舞台とか、まだまだ明治の空気は怪しさいっぱいだし。
その設定といい、ネタ自体はちょっとファンが書いた二次創作じみた、若旦那が死んで、生まれ変わりを待つ妖怪たちと言うテーマなんだけど、ちょっとそこだけがこそばゆかったなぁ。
でも仁吉視点だから、儚さが漂っていて胸が苦しくなる物語でもある。あんなに強い人なのに、いつもどこか寂しさが付きまとうんだよな、この人。
明治の服装もお似合いでした。
すえずえ

 あら、しゃばけシリーズが出てたわ。
今回は栄吉の見合い話から。
 それにしても栄吉、何歳だっけ?14歳の妹の方に惚れるってちょっと…。まざ江戸時代だから普通なのか?―って今更ながらいつの巻の時点か知らんが若旦那が数えで17歳、実際15歳という事を知り、大分イメージ変わった。頼りない気のいい青年だと思っていたら、少年じゃないか。
おおお…じゃあ栄吉も数え17実際15、お相手は数え14実際12歳くらいって事か?
 それならアリだが、この年齢なんかで惚れた腫れた言ってると思ったらなんかビジュアルが様にならんな。現代感覚で。
若旦那の話に戻ると、そりゃぁ手代たちからもまだまだと過保護にされるわ。
 で、その流れでとうとう若旦那にも見合い話が。
これ、今までとくに考えた事なかったけど、大変な事なのね。
嫁を取ると妖怪たちがもう若旦那のそばで集まれない。
 私はてっきり母親みたく、理解のある夫を持てば…と思ったらそうだった、父親は単純に鈍いというか、妖怪のよの字も気づかない人だったんだ。
 いやぁ、でも、どうせ若旦那のお相手も、見える系で大団円にする気がするなぁ。(これは後ほど当たりと言うか。いいのか、これは。)
 ただ、周囲はそう考えておらずきちんとシリアスにこの事を受け止め始めた。
若旦那が一人前になるように、いずれはここを去る心積りを考え始める。
これが若旦那の将来を考える身近な者からそうし出すから、心に来る。
 まず手代の兄や組。
…いや、この二人だけは最後まででも正体隠して添えよと思ったんだけど、この二人も若旦那を溺愛しすぎてて、あっと言う間の人に生き死にに立ち会う前に、今の内から離れておけと言う意見も出る。
うーん、難しい。
 若旦那自身もそこら辺もひっくるめて自分の見合いや将来に不安を感じている。
けれどもこれを全員で話し合うのではなく、各々が考えて行動しているからまた切ないのね。
 ところで今までは若旦那は病弱の坊と思われていたから見合い話もこなかったけど、いろいろ妖怪絡みで幸運が続き、商売が上手いとか思われたせいでこのモテっぷり。そこも辛いなぁ。

 途中の話で天狗に騙される話と、商売人に詐欺をされる話、さらに泥棒される話があるのですが、この三つとも、よく皆相手を穏便に赦すわぁ。
店の乗っ取りや盗み、果ては自分の胆を食おうとした、一方的に何の比もない相手に卑怯な手を使ってきた相手をですよ。
いくら度量が大きいと言っても、なんかすっきりしない。
 大体このシリーズ、若旦那に持ち込まれるトラブルの相手が自分勝手すぎると言うのが時々イラッとするわ。若旦那側がいつも赦すスタンスだから、そういう意味でのカタルシスは常にないな。
若旦那の稀なる徳の高さや見事な裁きは感服するけど、諸手上げれない読者です。
 今巻は盛り上がった。
ラストワルツ

 あああ、出ていた。ジョーカーゲーム最新作。(完結?)
と言うか、いつの間に実写だの、漫画化だの…。
 そんなこんなを本屋で感じてから、さらに本を手に取るまでにまた随分かかっちゃいました。
さて、腰を落ち着けて読むか。
 
―と思いきや、また面白くて止まらず読んじゃうのよねー。あっという間でした。
 相変わらず一人ひとりが格好良すぎるD機関のスパイたち。伝書鳩やスパイ映画の俳優のお話もニヤッとする所ながら、やはりここは彼ら率いる結城中佐のお話が断トツで格好良過ぎた。
 タイトルでもある『ラストワルツ』。
ざっとエピソードで言うと、貴族のお嬢様が若い頃、謎の男に颯爽と助けられ、お嬢様は将来自分とダンスをするよう、その男とあてもない約束を取りつける。
閉鎖的な旧家の世界に退廃的な生活をして、やがてお嬢様は有閑マダムとなったわけだが、心に残り続けるかつて自分を助けた謎の男の姿―。
 舞踏会のある夜、夢幻の様にその男が現れ、ただ一曲を共に踊ると再び名も告げずかき消えるわけですが、勿論その男こそ結城中佐。
 一見ラブロマンスの様に思えるエピソードですが、そこには勿論スパイの必然が絡んでおり、そんな中でも中佐がパーフェクトな紳士ぶりでお嬢様を巻き込まないよう行動するわけで、それでいて中佐はあくまで恋愛の欠片も心に持たず余裕の態と言うのが、もう。
氷の様に冷静に、心乱す事無くスパイに徹しているくせ、片手間でスマートにレディの扱いをこなすのがニク過ぎる。
 何と言うか、この人の隣に立つ女性の姿がまるで想像出来ませんよ。

 結城中佐はしかし、若い頃よりも歳をとればとるほどロマンスグレーの渋さが引き立つと思っております。
背筋のピンと伸びた仕立ての良いスーツ姿の痩躯の老人。隙のない動きと居抜くような眼光。
至高の人です。