元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
ダーウィン賞! 究極におろかな人たちが人類を進化させる

 まぁ皮肉の賞だね。
愚かすぎる理由で死んでしまった、或いは生殖能力を失った事で、そんな愚かな遺伝子を残す事無く人類の進化に貢献した人を称えようと言う賞。
冗談きついわ~と言う感じですが、漫画みたいなことがあるんだなぁと言う不運の連発や、トチ狂ってるとしか思えない行動、また不可解なその動機。
人間の可能性と言うか、突拍子もつかない事って山の様にあるんだなと唖然とした一冊。
文学全集を立ちあげる

 架空の文学全集を作っちゃおうぜ!と言う楽しい企画本。
これもまたある意味古典至上の話なんですが、他を下げないのでそんなに腹も立たないよ。
 ただまぁシェークスピアがすべての小説の祖、とか、古典も読まずに小説を書く人たちはすぐに消えていくとか、若干多様性に寛容でない発言も見られます。
読まずに書いた人は居てもおかしくないだろうし、黎明期なんて誰でもサンプル無しに書いてきただろう。そのジャンル初、とかね。
 ただ、そもそも日本の文豪、あるいは他国の文豪も、古典を読んで真似をしたなんてのが結構あるようで、幹を手繰りやすいようなのね。それを聞くと何が根底になるのか、誰それは誰派とか、分かる話も多い。
 確かにその言い方をしたら今の小説や漫画をさらっと書いちゃう作家さんも、小さい頃からこれを見て―とかで熱くなったものが似通っている事実はあるだろうし。
カテゴライズもオリジナリティも、捉え方次第であるが故に、出る話なんだろうな。

 実際この本の中の3人ですら、あれを入れろこれを入れろ、あーでもないこーでもないと決して一枚岩ではありません。
だからこそ議論が面白かった。
結構はっきりと自己主張で他の候補をぶった切るくせに、感情だけであの作家は嫌いだとかも言っちゃう。…いいんだ、それ。
(あと翻訳は誰版が良いとか悪いとか。)
 万人に読ませる文学全集の割には、3人色が強く出ている選び方で、成程、選者ってこういう所で量られるんだなぁと初めてどういう物なのかわかった気がする。
書いてる人でもないのに権威的に扱われるのは、このせいか、と。
己の本棚、教養、考え方を晒す仕事なのね…。
 タイトルだけ、名前だけ知っている人オンパレードですが、知らないなりに読んでるだけで楽しくなってくるので、この編集過程(この本のメインは実にそれ)を晒すのって、意外と面白いものかもしれない。
意図とか狙いを知った上で吸収すると言うか。
 気が向いたらこれに倣って読むのも乙かもしれないと思えました。
 とりあえず知られざる『○○(国名)文学』と言う括りで各文学のカテゴライズだけでも勉強になります。
 後半は日本文学全集がテーマなんだけど、これもより身近にあるだけ、今までの文豪ら作品の良い悪いの価値観が変わる発言に、わくわく出来ました。そういう見方もあるんだ~、と言う無知故に呑気な感想だけどね。

 興味深く読めた一冊。
実際この架空の文学全集、全部読んでたら、何年かかるんだろうね…。
 (しかし途中で笑えたのはうちの家人が大好きな一冊がコテンパンに批判されていた事。
しかもまさに大好きなくだりが全否定されていた。はは…だから本って好みの世界だよね。
好きな本を読めばいいんだよなぁ。)
公式リカちゃん完全読本50th ANNIVERSARY

 名前とピエール父さん位までしか知識が及ばないよ。
あとやたらと弟妹が居る。
 そんなリカちゃんの公式本が出ました。
面白い雑学が読めそうでチョイス。

 で、結構衝撃の事実がたくさん。
リカちゃん、弟妹だけでなく…姉が居たよ!?
 CAさんと言う設定らしいんだが、ママいくつやねん…。(33歳らしい。つじつまが合わないんでいない事にされたらしい。)
これが一番驚いたんだけど、他だと母方父方両方とも祖父祖母のドールがちゃんと存在する…。
 ボーイフレンドは何回か変わったのは知ってるけど、歴代どいつもこいつもサッカー得意で笑えるわ。
唯一美容師になりたい系の子が居て、この時代はどういう狙いだったのか世相が気になる。
 そしてこっちの方が意外と可愛いなと思ったのは、笑い目(瞳を閉じている)のリカちゃんが存在する事。ドールの特徴である瞳が見えない事で逆に自分の好みを想像で反映させられる感じでとっても可愛かった。しかしこれが『普通のリカちゃんの中に紛れ込ませている』と言うレアものらしく、人形でそんな売り方はまずくないか?と心配した。普通の方が欲しかった子に当たったらどうするんだ??(そもそも透明ケースで売ってると思うんだけど。)
 そしてそこまでの人数とかと言うお友達の数。
多い…めちゃくちゃ居た!
バラエティに飛び過ぎで、もう把握出来ない。

 中でも革命的過ぎるのは『変身』が出来ちゃうと言う大魔術団の団長の娘と言うお友達。
何とこの人形、お面で顔が変わるばかりか、腰が可動式で身長が伸び縮みする(?!)と言う画期的な人形で、実際に変身セットがお面と服付きで数種類売っていて、老婆にさえ変身出来ると言う…。(身長変えられるとか、考え付きもしないよ!)
 そしてリカちゃん自体もパターンが多かった。
当時着物だけでも驚いたもんだけど、スキューバダイビングとか、攻めるね!
 果ては高校生になったリカちゃん。
ママになったリカちゃんまである。
(なお0~30歳までのリカちゃん6体セットと言うのもある。同一人物まとめ売りってこれも考え付かん…。なお11歳のオリジナルは付いてません。)

 で、このママになったリカちゃん。
怖いよ、あとから赤ちゃんと鍵が送られてくるんですって。そしてお腹の膨らんだ部分はその鍵で取り外し可能で、妊婦さん&産後を遊べると言う…。
お腹の中に最初から赤ちゃん収納じゃダメなのか?いや、解剖みたいでそれも怖いが…。

 とりあえず自分も記憶にある、すぐに売り場から消えた幻のリカちゃんとか、家具のセットに懐かしさを感じてしまいました。
そもそもリカちゃんって、醤油屋が新事業展開で参入してきた玩具だそうで、まさかの醤油屋産ってのが凄いインパクトでした。
あ、でも私ジェニーちゃん派だったんだけどね。(苦笑)
 リカちゃんがこんなにも奥が深いとは。
お薦めの本です。
死ぬ前に後悔しない読書術

 何というか前置きから、子供のままの読書を続けていると取り返しのつかない人になる、「読むべき本ってなんだ」「真っ当な読書ってなんだ」「価値観は人それぞれ」「上から言うな」などと言う人は取り返しのつかない人の代表…みたいに書かれていて、いきなり不愉快。
 最初からこれじゃぁ、もう何言ったってしょうがないじゃない。(なお読了後も結局真っ当の定義はよく解らず。)

 何だろうなぁ、著者は古典古典言うんだけど、まぁ『先人が先に人生かけて得た哲学を、まとめて、お安く読めるようにしてくれるんだから、読まないなんておかしい』的な意味合いは解る。
科学の発展バトンリレーみたいな人類としての知恵、な。一からやるなんて馬鹿げてるもん。そりゃ引き継ぐよ。
 だが人生をどう生きるべきか、の答えは人の数だけある気がするので、共通項みたいに当てはめるのもおかしいし、取捨選択するなら、近代の本でも、はたまた本じゃなくても、何でもいいと思うんだ。新聞もTVもダメ、ネットも近代の本もダメで古典だけが良いと言うのが解らない。(なお私は著者が槍玉に挙げている新聞もTVも、自己啓発本も読まないけど、それでも解らん。)
 要は本人の感受性を揺さぶる(価値観の破壊らしい)何かであれば足るはずだよね。
古典だけ、本を読まないやつは論外、精読しないやつは終わってる、ってのがなんともなぁ…。
 またすぐに答えを求めるのが間違いで、考え続けるのが筋、と言うのも理解は出来ても古典でなくても(以下略)。

 読書って文字による贅沢の一つだと思うので、私はそれが人生の余白や無駄としても、大いに歓迎だなぁ。
例え無駄だけで終る読書人生で、でもですよ。
 下らない本でも読んでいる間は何かを考えてるし、古典の正解を至高!と鵜呑みにするよりも、自分なりに考えている事そのものに、意味があるとは言えないだろうか。(まぁそれじゃあ古典を読んで考えればいいじゃないかと言われるわけですが。)
 まぁ、何が読書『術』かってーと、効率の悪い回り道をせずに、正解へ辿り着くにはこれ!と言っているのだと思う。(結局回り道しても古典の真っ当な本に行きつくのですって。)
じつは、わたくしこういうものです

 月光を売る商人や、冷水塔を守る双子―そんなファンタジーな職業にまつわる本。
紹介文だけじゃよく解らなかったので、短編集かと思っていました。
 しかしこれ、実は写真集(とコラム)。
何が面白いって、写真は実在の人間と、その人が仕事で使う道具などを撮る。そしてコラムはその人が自分の職業についてインタビューに答える形式。
 へぇ…。作者、誰?(もしくは写真集としての写真家は?)と思いきや、なんぞ制作会社としての本なのね。
 それでも少人数で作ってると思う。文体が一律似ているのと、写真に写る小道具が、作ってる人同じと思わせるテイストで溢れてるし。
 それにしても綺麗なエピソードや奇想天外な職業が多くて、また写真と言うのが良かったわ。人だけじゃなく仕事道具が3次元として存在しているのもグッとくる。
時間管理人の鍵の話がすごく共感出来たし、バリトンカフェには行ってみたい。(入る資格ないけど。)
 巻末にそれらを演じた人の正体がずらっと書かれていて、やっぱり作り手の知り合い繋がりばかりで、芸能人とかモデルを使わないからこそこの味とリアリティが出来ていると思う。(ファンタジーに実像が結ばれてる感じ。)
  面白い本だと思います。