元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
のんのんばあとオレ

 水木しげる氏。
のんのんばあはよく聞くけど、まだ読んでみた事が無かったので。

 で、のんのんってのは拝み屋さんの事なのねぇ。
ああ、なんか音的に解るなぁ。のんのんさんか。
 そんなお婆さんが家付きあいとしてご近所に居て、発育の遅かった(けどやんちゃでガキ大将を目指していた)しげる君をよくみてくれていて、そこで妖怪のお話を染み込まされた―と。
 成程真顔で当たり前の様におばあさんの口から出る妖怪には、理由も原因もあって、確かに不思議な現象がそこにあるんだから疑う事もしなかったわけだ。
このお婆さんが居なかったら、水木しげる氏の妖怪ワールドはなかったわけで、すごく重要な人物なのだね。

 しかし水木氏の小さい頃って、負けん気が強くて、ガキ大将を狙うけど大体負けていて、それでもしつっこく―と言う繰り返し。
うーん、この青びょうたんでもなく、向かうところ敵なしの強者でもなくって所がリアル。
悪戯者ではあったようだけど。
 幼い頃の町毎のガキ大将同士の戦争とか、あるある。
小さい内は外されて、大きくなると年上でも根性の見せ合いになるのよね。
普通に、昔の田舎の少年譚を聞いているようで楽しかったわ。

 いつもの妖怪的ムードよりも、少年期の珍しい水木しげる氏を垣間見れて意外な面白さでした。
平凡倶楽部

 こうの 史代さん。
ぴっぴらさんの時から好きだったけどまさか映画とか、ああいう方面に行くとは思わなかったわ。(本人は特別戦争物どうの思って描いてないらしく、それもらしいな。)でも雰囲気のある時代ものの絵柄だし、売れて嬉しい。
 こういう作品もあるんだなぁと、色んなものを詰め合わせた一冊。
彼女は描き文字も味が合って読み易いので、エッセイも好き。
しかしいろいろ遊び過ぎで中々ぶっ飛んだ本です。
 ハンコで建物を描いたり、手書き文字故の文字の大きさで文章を絵にしたり、写真を多用したり―。
エッセイ本と言うよりは落書きノートを見ているような楽しさ。
 色々突き詰めれば変わった人なのかもしれない、この人…。
ニューヨークの高校生、マンガを描く 彼らの人生はどう変わったか

 NYの高校生たちがマンガ(日本の)を描くと言うタイトルのままですが、まずNYと言えども黒人系、ラテン系、アジア系のアメリカ人のようで、白人系は居ないようです。
 それから、実際に作品もいくつか切り取りの形で載っているのですが、日本人から見てマンガっぽいと言えるものは極々わずか。
どうしてもあちらの感覚と言うかセンスに比したキャラやコマ割、文字列に思えます。
(中には本当に日本っぽいものを描く人も居るんだが、そこまで行くとかえってオリジナリティが感じられず微妙。)
 勿論素人の物ですし、日本の学生が描く同人や漫研物の方がレベルが高いのは当たり前なのですが、この本の読み所は漫画を描く事を通じて、彼らの悲惨な人生がどう変わったかを一人一人紹介している点です。
 最初に言っておくと、ジャパンクール的な漫画を描く高校生という事である程度注目を浴びたようですが、その後プロになれた人は一人もいないそうです。
 その結末に現実を感じて爽快感はないわけですが、それでもティーンの頃を、日常に溢れる暴力や貧困に負けず向き合い、逃避し、自分を守る事が出来たのは漫画を描いていたからという事は確かなようです。
 辛い悩みも、漫画を読んでいればその世界へ逃げ込める。
そして漫画を見ていると書きたくなってくる。
鬱積した自己を表現出来る―と。
 彼らの漫画クラブは少なくともアーティストの表現の力を信じている大人たち(と勿論本人たち)のプロデュースによって生まれました。
 後に色んな改変や助成金の問題でクラブは形を変えてしまい、自由ではなくなっていくのですが、黎明期のクラブ員たちがどんなふうに漫画で成長したのか、異文化と日本の漫画文化を絡めながら身近に感じて読み取る事が出来ると思います。

 そもそもの人生や文化が全く違う別の国の人でも、漫画に惹かれる気持ちが同じと言うのは面白いものです。
ただやはり「こういうのが(日本の)マンガよ!」とコミックとの違いを褒めそやしてくれるのはいいのですが、あまりにも狭義と言うか表面的な評価にも感じました。大きな目やチビキャラや美少年…。
 実際には漫画も色んな作風や表現があるわけで、マンガ、コミックと決めつけず受け入れていけばいいのになぁとちょっと思いますが。いや、寧ろ枠を決められるのが心外で、人の数だけ多様なものがあるのがマンガだと思うし。
 彼らが読んでいる作品は日本でもまぁ一般的な売れていてファンの多いものが大半なので、マイナーでもこんな漫画もあるんだよと言うようなものを見せてその反応を知ってみたいなぁ。(なお彼らはコスプレもする。コミケに憧れている。)
 表現の世界に枠はないよね。
あなたの町の生きてるか死んでるかわからない店探訪します 

 先日のエッセイが面白かったので。

 ヤバい店ってあるでしょう。
やってるのかやってないのか分からない外観。
開けた瞬間の異様な空気やべとつく床。
そして料理そのものや店主の挙動不審さ加減…。
 お食事処を限定して、そう言った店に入り、注文し、食べてその店が『生きている』か『死んでいる』かを判定する体当たりエッセイです。
うん、無茶をする人のエッセイは楽しい。
 途中何故か岩田光央氏が出てきて混乱しました。
…何やってるんだこの人…。(一緒に食べ歩いてる。)

 とりあえずこの人の本はエッセイ系が楽しそうです。
もっと!イグ・ノーベル賞 世の常識を覆す珍妙な研究に栄誉を!

 何の役に立つの?と言うような研究。
そういう物が好きなので読んでみたのだけど、うん、あまりに意味の分からない研究が多くて、びっくりだね。
 さらにその中身がさして詳しく語られた本ではないので、『そこの所もう少し詳しく!』とかでフラストレーションが溜まる。(自分で調べろって事ね。)
美人を選ぶ鶏とか、どういう仕組みなんだよ?!
それとか貧乏人の方が歯の病気にかかるとか。(医療的に当たり前の話なんじゃないの??研究?)
 まぁ笑えるノーベル賞という事なんで、そう言うノリで読むべき本。