元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
バッタを倒しにアフリカへ

 『孤独なバッタが群れるとき サバクトビバッタの相変異と大発生 フィールドの生物学 9』の人の。
大ブレイクしたねぇ。
 この本自体は大体前の本に書いていたところとかぶるように話が始まるんだけど、とうとう因縁のバッタの大群に出会い、緑の前身タイツでその身を躍らせるところは震えた。
結末は如何に?!
 ―と、このエピソードはすごく好き。
 ただし論文の関係か、前巻でものすごく興味ひかれたバッタの不思議な生態などにはなかなか触れられなかったようで、それが歯がゆい。
むしろこの人の本人の生活費と研究費工面に奔走する日々を読んだ感じかな。

 バッタ、この人のおかげで面白いと思えたんで、論文の中身をまた一般人向けに本にして、存分に語って欲しいわぁ。
(ところで、読んでる途中で私が興味を持ち他で読んでた本の作者との交流があって類友なんだなぁと思った。)
世界の果てに、ぼくは見た

 海底だ極寒の地だのに生息する辺境生物を研究する人のお話。これは期待。

 いやしかし、確かに行くところも冒険者並みだし色々とめちゃくちゃ博識なんだけど、どうもちょっと。
何せこの人、話がすぐに飛ぶ。とっちらかって、閑話休題だらけ。最終的に主眼がブレブレで、何が伝えたい事なのか、また肝心の研究対象への愛とか興味が響いてこないんだよなぁ…。
 また全方向に博識すぎるが故の、こんなところでそれを引用、という鼻につく場面もちらほら。
(本人もあとがきで話が飛ぶことを自覚していたが。)

 経験も知識も申し分ないが、肝心の文章として食いつけなかった一冊。もったいない~。
迷信の不思議

 タイトルからかなりワクワクで手に取る。
こんな迷信があるよ、と言うよりはその根拠を知りたい!
 …と思ったら、割と迷信に根拠がないパターンや、実際は正反対とかがあって昔の人の知恵にちょっとだけがっかり…。人類の累積経験則でもう少し合ってい手もいいはずと思っていたけど。
 まぁそれも長く伝えられる事で伝播間違いが起こっている事や、似た言葉の勘違い、任意的な語呂合わせ(日本は多そうね)が多く、元々は正解って事でいいか。
そもそも迷信を科学的に否定しようと言うのを求めて読んだくせに、何故がっかりするのか、と言う。  いやぁ、しかし迷信は全部オカルトでなく、『経験則』『おばあちゃんの知恵』が絶対入ってるんですよ!
そっちは割と信じる派なので。

  面白いのが時代が変わりもう通用しなくなった迷信が多い事。
まぁそりゃそうか。
夜にしてはいけない事系は大体そうでしょう。
 しかし食い合わせなんかも通用しなくなっているのが不思議でした。
はぁ~…面白いね。
 中身はめちゃくちゃ詳しく根拠を書いてるとかでなく、会話で聞くと眉唾的に思える程の軽さなんだけど、広く、浅くって感じかな。
好みとしてはもう少しだけ専門的な話が聞ければ最高でしたが、面白かったです。(そして参考文献にはやはり雑学本があるのね…。)
「カタチの不思議」なるほど雑学事典 ドーナツの穴から富士山まで、意外な真相

 色んな形にはいろんな理由がある。と言う形ばかりを集めた雑学なんですが、まぁインダストリアデザインだの、人間工学だのあるから大抵の形には理由があるだろう。自然物も形成されたなりの原因がね。
 そういう意味で知るも知らぬもふむふむと読んでいたのだけど、書き手が複数いるんだろうなぁ、いきなり小芝居で紹介しだしたりするとなんかテンポが悪い。
 で、何が驚いたってこの本、巻末の『参考文献』のほとんどが『雑学本』。
…え、他所の雑学本から雑学引っ張ってきて一冊にしました…って何、それ。それって参考と言うより、もうつぎはぎ編集だよね?やっていい範囲なの??
まだ研究書から抜き出しました、なら解るんだけども…。

 何と言うか他人の褌感で唖然としてしまった一冊。
調べるのも元は何かの本とは言え、なんだかなぁ。
鳥類学者だからって、鳥が好きだと思うなよ。

 いや、好きでしょ、この人。
この人もまぁ達者な語り口調で、オタクでマニアな発言も多く、始終冗談を交えたとても良い安く面白い文章。
これで好きなものを語るんだから最強だよね。
最近の学者さんは、本当にこなれてきたよなぁ…。

 さて、この方、フィールドワークの話も面白いがなんせ考察の話が面白い。
例えばキョロちゃん。
 実在したとしたら、目の位置やくちばしの大きさから肉食かどうか、樹上性かどうかなどを調べる。
専門知識溢れる見事な考察で、唸らされたところに―『ってまぁ、実しやかに言ってるけど結局見ないと解んないんだよねー』で落とすあたり。
勿論考察の細部に嘘はない。
生物の体に無駄が無い、効率が良いと言う当たりの話はとても面白く、実に興味深いのです。
 が、リアル・キョロちゃんの姿には衝撃を受けました。
どん。
kyoro.gif


 …怖っ!!!でも南国に居そうで本当にリアルだよっっ!!
 ちなみに体の構造上で言うと、あんなに刺々しいドラゴンなんか、捕食される側の肉体的特徴らしいです。笑った。

 この手の本をもっと読みたいなぁ。気に入りました。