元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
映画『ONE PIECE FILM GOLD』
 いつも観てるわけではないんだけど、原作者が絡む映画となるとどうしよっかな~?とかウロウロしていた中、急に見る気になり連れに強引に付き合わせる。
 いやぁ、これがね、良かった。
駄目なところなかったわと言うくらい、密度が高かった。
あれだけの時間に各エピソードの配分がよろしく、色んな話が見れたもの。

 OPから音楽とのシンクロばっちりのカッコいい戦闘シーン。
元々これ系の音楽好きだし、久しぶりにサントラ買ってもいい気になる。
 ゲストキャラらのデザイン好き。まぁ声は声優との差が気になるんだけど、各キャラの個性付けも敵グループとしてまとまり良かったな。
そういうキャラが出てきたら卑怯だと思っていた運気を操るキャラとか、今後の戦闘シーン、期待しますでしょ。
 基本的に舞台がカジノだけに一味の着る服も毎度の映画宜しくとてもスタイリッシュ。進入時の変装類だけはおかしい事になっていたけど、色を揃えてくれる服とか見ていて気持ち良いもの。
 これにナミの昔馴染みとか、テゾーロのフラッシュバック、CPの一部その後、革命軍…と見事にエピソードを埋め込んで来た。
 細かい所で感心したのは、スパンダム(相変わらずの小物臭(笑))が、性格はアレだけど金に対しての反応が結構プライドあって(それでいて空気読むけど)ちょっとへぇ、と思った。
まぁルッチより目立たんでいいんだよと思ってたが、なんでこの二人が宣伝時のメインビジュアルにやたら載っているのかが謎でした。(サボとかは入れないのに?ドレスアップの違いか??)
 とりあえずルッチの電伝虫の切り方は相変わらずだし、この人、海軍トップや天竜人にすらあの態度で大丈夫なの?CPって、そんなに権力あったっけ?世界政府だからなのか天竜人の命令だったからか知らんが、見ていてこっちがヒヤッとした。
(この映画に出てくる天竜人は基本的にモブなのでホッとする。)
 なお付いてきた小冊子でスパンダムの失脚はCP9が焼きを入れたせいだと信じていましたが、これも父親の関係と書いてあってえー??となった。
 このルッチと戦うのがサボなわけでそりゃまた豪勢なんですが、火拳と言われてサボなのがまだまだ馴染無くて違和感の登場シーン。(苦笑)
この二人の戦闘シーンは綺麗そうなのでもっと見たかったんですが、まぁサイドだしね。
でも会話シーンはなんかお互い淡々としていて良かったな。(オマケ冊子に付いていた会話部分はカット??)
 海軍ほどにCPが麦わらの一味や革命軍を捕まえようとか潰そうとか躍起になってない所が、立ち位置の違いや本分の弁え方を持っていて面白い。
 コアラは本当にちょっとしか出ないけど、相変わらず可愛いです。サボと二人の所、本当好きだわ~。
何と言うか、強い人に強いキャラって、良いよね?
 で、一瞬コアラの顔が女狐ちゃんと見分け付かなかったのは内緒ですが、ビジュアルなぁ、女狐ちゃんのデザインは好きでも、かと言って嫌いでもなくなんですが、本業泥棒でよく歌姫稼業でテゾーロに取り入れたなぁ、と。とりあえず歌は良いとしても笑い声だけめちゃくちゃ浮くんでどうにかして下さい。
 昔のシーンではこの子13歳らしいんですが、この世界のローティーン(子供もだけど)のやる事成す事独り立ち根性凄すぎて怖いよ。
命がけ生き様が多いけど、ナミもセットで大概なエピソード。
 てっきり屈辱のアーロン一味に助けられる(見張り付いてないけど、実際ナミ死んだら困るんでしょ?)系かと思ったけど…。

 女狐ちゃんは口八丁な生業だけに、寝返り裏切り…とこの辺りでいい動きをしてくれる。
今回の映画の『騙される方悪い』は本当にこの出し抜き方の手法や流れがいつものドンパチ以外で楽しかった。
小さなところではウソップが相変わらず冴えた勝ち方するしねぇ。
 なおラストの女狐ちゃんの罠はオチが読めていたので私的に残念。あれは読めない方がグッと来ただろうに。
 ちなみに戦闘シーンは、メインのゾロが…囚われのお姫様役だもんなぁ。あ、刀無しはもう剣士としてどうかと思うんでやめて下さい。(苦笑)
 それに基本的に立ち回り上ずっと自由だったサンジ。
サンジですらもうちょっと目立っても良かった。
ラストのルフィとテゾーロの戦闘以外は、今回軽めだなぁ、と。
(所でサンジ、金に浸かるシーン、貴方飛べますよね?)

 他、舞台とか、カーレースとかあるせいだろうか、所々ルパンを思い出したよ~。
車飛ぶところとかジャンプスーツね。そういやイタリア調だったり、女が皆峰不二子級だから?
 全体的に色合いがゴールドを始め派手な色合いなんだけど、CG処理がしっくり来てるので、ペタッとした下品な感じにはなっておらず、また、線や動きが綺麗なのでビジュアルも良かった。一番最初に金粉が降ってくるシーンなんかCGならではだよね。(なお一も二もなく体に付いたら厄介だから日傘差してぇ…と思っていたけどそれが正解で笑った。)
 キャラ的には毎度ロビンが一番好き。眼鏡…いいね!ロビンは綺麗なお姉さん系だから、ちょっと可愛い格好をする時すら全部良いわ。
次にルッチ。白スーツとかズルすぎ。

 あとね、ED、短過ぎない?
昨今ただでさえ長っい曲を2曲流してエンドロールやるような映画が多いのに、短かった。
スタッフ、そんなので収まりきれる数なんだ?だれなくて良かった~…。動きがなかったしね。
 時間以上にボリュームたっぷりの映画でした。面白かった!
映画『デッド・プール』
 まさかのデップーさんが映画になるとは…。
大喜びで観に行きます。
 ちゃんと原作で知ってると言うよりはそこらここらで顔を出しまくりのゲスト、サイド、二次、ネタ諸々で認識していた型破りな彼。面白くないわけがない。(ストーリー的に面白いかは知らん。)

 さて、演出的には勿論第4の壁を越えまくりの彼ですが、一言でいうとこのストーリー、デップーは意外なほどに『まとも』でした。
もっとぶっ飛んだヤバい系の人かと思いきや、まぁ破滅型でありお調子者、暴力に抵抗のない所などやりすぎの所はあっても、芯の所がまとも。
 何せ今回の映画は、彼自身のラブストーリーでもあったので、そんな純愛が絡むと行動倫理は観客と一致するもんで、理解出来ない問題児としての彼でなく、愛を裏切らない一人の男として共感出来ちゃう。
 勿論下ネタだらけでお下品かつ残酷描写ありの15禁ですけど、言うほどの強烈さは無し。
 また、銃撃戦も雨アラレよりかは、一撃必中の戦い方で、派手にぶっ放せばいいんだよと言う大雑把な戦闘シーンよりもずっと見ごたえあった。
刀のシーンや素手での殴り合いの方が多いくらいだしね。
 基本世界観がXマンのものなので、ミュータント能力も使用されるけど、飛び道具がないのが良い。
出演料だとか吹聴しちゃってるけど、メンバーの選択肢が鋼の体と、せいぜい火薬娘で、敵も馬鹿力、痛覚無しと言うだけのものだったし。肉弾戦万歳。
 デップー自身は元兵士かつ不死身の再生能力だからまぁいろんな戦闘で有利なのはあるんだけど、それにしても敵が単なる医者(っぽい?)で痛覚無しと言うだけなのに、やたらと互角に渡り合ってて、あれは後半理解出来ぬ…。まぁ悪の組織(笑)だし武闘派なんだろうけど、あれだけ体に損傷受けてたら痛くなくても動けないとか、死んじゃってると思うのだけどね?

 全体としてはデップー誕生秘話でもあるのでそういう意味では面白かった。
彼のヒーローなんてならないよと言う考えが、「こんな悪者のさばらせておくくらいならヒーローなんてくそくらえ」ってラストがまぁ小気味よい事。
トドメ刺して正解。
 逆に意味はないがセーフティネットになるべくXマン側が、あそこまで分かり易く優等生セリフ吐くから映える所もあるね。そういう意味でもXマン側の人選は正解と思えた。(しかし彼も女は殴らない主義とか言っておいてあの手の平の返しようはないだろ。(笑))
 色んな所に小ネタを仕込んでいて『デッドプール』の映画と言う期待は裏切らないのだけど、タクシーの運ちゃんや盲目の老女など、脇もいい味出してて、ノリやテイストをすべてにおいて揃えてきている感じが○。小難しい事抜きに楽しめる映画でした。
しかしあの衣装が自作だとは知らなかった…。(笑)パワースーツですらないし、器用過ぎだぞ。
 最後、始終彼が明るいので、割とあっさりと終わったなぁと言う感想を持ちましたが、違うわこれ、シリアスで同じストーリーやったら相当ダークな話だよ。(苦笑)

 そしてデップーの映画だと分かっているのに、エンドロール最後まで観ない人の気が知れない。
他の映画はともかく、これにオマケがないわけないだろうに、本気か?と立ち去っていく数人を信じられない思いで見ました。
ラストのラスト、彼の去り際のあいさつ、吹き替え版で観たので何と言っているか聞き取れなかったんだけど、あれ、何語?囃し言葉?
映画『デジモンアドベンチャー tri. 第1章「再会」』
dejiposter2.gif


 もうね、最初これを聞いた時はマジか、と。
リアルタイムで相当はまったアニメです。
こういう、すっかり時間が経ってから再び始動し出すやつって、大人ホイホイ、懐かしさホイホイでしょうよ?!
 ―観に行かねば、となって友人と行ってきました。
会場に溢れる同じような年代の大人たち。落ち着く~。(笑)
ここまで子供が排除されたアニメ映画空間もなかなかないだろ。

 で、この映画、上映が全国10館のみ。かつ3週間だけしか上映期間がない。その上不定期で第6章までの続き物…ととんでもない売り方してくれてます。
おい、もうDVDで売れ。
大人には金はあるが時間がない事が多いんだぞ。
 まぁ最初だけでも見てこの目で確認しない事にはねぇ?

 正直前評判はいろいろ合った映画なのですが、うん、まぁ…思い出フィルターが無ければちょっとおもしろいなと思える部分はない映画でした。
好きだったからこそ見る目が厳しいのか、それはなんとも言えないのだけど、まず続き物前提だから区切りとしてのお話の山谷が掴み辛い。
基本設定は一切今更説明しない、デジモンファンありきの映画だと思うから、新規さんにはわけわからない映画でしょう。

 だからもう知ってる前提のファン映画として語りますが、まず絵。
 言われてる程デザインが悪いか?と映画観る『前』は思ってました。
ただ、見た『後』だと確かに不満が残る。
 何だろう、デザイン以前にちょっと表情とか…感覚的にデジモンじゃないな、と。
動き含めて一部原画レベルもちょっとどうかと思える、一作品内でのバラつきが気になった。
 デジモンに関しては問題ない。キャラの表情だな。
ポスター絵とかは構図とか綺麗と思うもん。やっぱりデザインは悪くないんだわ。

 声優さんは声質はよく選ばれてると思う。
特に三森さんはさすがの分かりやすい配置。
 ただ主人公は元が藤田さんと言う超大物ですから、継ぐには重荷過ぎますよね。
演技どうのじゃなく、声が普通過ぎた。
 太一の声は成長したらこう、と言うビジョンが当時から見えなかったと言うのもあるんですが(少年役を女性があててたり、声の存在感が半端ない大物さんが演ると、どうしてもそうなる宿命ですが)、これは今回の声優さんが可愛そうなフィルターだなぁ、と。
 あとヒカリが本当にもうキャラとして『普通』になってしまってて、ここは声としての演技+脚本…かなぁ。
あの独特のカリスマ性が抜け落ちてる。
 むしろ空のヒロイン度が上がりすぎてて、これを成長したキャラだからととらえるか、繋がりが見えないととるか。
逆にタケルは声に違和感はないけど狙いすぎた脚本かと。
 他はおおむね、イメージを損なっていない。

 そう、脚本がね、正直盛り上がらないのですわ。
懐かしいキャラたちが再び再会して―と言う流れはそれだけで盛り上がるんですが、だからといってその他の要素でこれぞと言うものはない。
これもまた初代ありきの続き物の難しさだよね。

  ただね、声そのままのデジモン側とか、あえて新しい音楽にしなかった各種楽曲。
特に進化シーンは涙腺崩壊必至。
これを見るためだけに来てると言っても過言ではない。
 あと勿論キャラたちの今がどうなっているかの細かいネタね。
そういう部分で楽しむべき映画。
 今回の映画の新キャラもちょっと魅力的に弱いのもマイナスなんだけど、デジモンの戦闘シーンとか。
動きが…良く動く部分とワンパターンの動きとがバラバラなのも不服。
敵の攻撃方法のバリエーションの少なさもあるんだけど、圧倒的な力の差がある戦闘は面白みに欠けるな。
ここら辺はこれからか?

 まぁまだ六分の一と言えば、どこで化けるかわからないんですよね。
本当の評価は最後まで見終わった時なのだけど、慣れるのにこう間隔開けられるのも吉と出るか凶と出るか―。
とにかく見ずにはいられなかった映画。
舞台『ハイパープロジェクション演劇ハイキュー!!』
 久しぶりにお芝居を観たり。
何気に友人に誘われ、ああ、『ハイキュー!!』の舞台化のやつかぁ、これなら読んでる、うん、劇、好きだし観に行こう~―となったのですが…。

 特に何も考えず観に行ったのですが、この『ハイパープロジェクション』と言う単語。
私はてっきりそういう名前の劇団なのかと。
違ったわ、そのまんま、プロジェクションを使用した舞台って意味だった。
そこら辺何の前情報もなく観に行ったから、

凄かった。

 舞台の背景に浮かび上がる映像、それに合わせて役者さんが動き、単なる3次元の劇では表す事が出来ない正しく2.5次元の表現が可能に―!
うっわぁ…。
 少し前から多少なりとでもこういう手法でキャラの紹介や背景の演出はあったけど、あくまでもそれは背景としてしか留まらないものでした。
なのにこの舞台はとことん役者とリンクしてるのね。
漫画のコマ割の様なグリッドや原作のカットイン、文字、音楽と合わせた効果的な映像。
役者は寸分違わず計算された位置で、縦にも横にも高さにも、一挙一動を演じる。
鳥肌立った。

 この舞台の表現方法を理解してからはのめり込み具合が凄かったです。
舞台の床にも映像は映し出されるのですが、それが見えやすいようにそもそも舞台が観客席側に斜めに傾いてる。
これ、相当足場が悪いよね…。
 それで激しい動きをし続けるから、相当の運動量。映像に合わせる事もそうだけど、役者さんが半端なく稽古してるのが解る舞台でした。
 だってこの舞台、奈落がまた変わってて、円形のまま角度付けて回転とかするんだよ?
うっわー…超動き複雑、危険な現場。
 たまたま中央ラインのいい席で観れた事もあるのだけど、役者さんの動きは映像とのブレも一切なく、多分一番キレイな状態でプロジェクション効果を味わえたんじゃないかなぁと思う。

 何にせよ、このプロジェクションをメインに据えた表現方法、舞台に融合させた人、素晴らしすぎる。
この舞台装置も、お芝居の中の表現方法もとにかく斬新の一言でした。
漫画そのものの映像とか入ると、世界観引っ張ってこれるしね。
 ちなみに最初、自由に床を転がりまわるバレーボール見た時は未来にタイムトリップしてしまった人の様に驚いた。(笑)ああいう仕掛けも、良い発想してるなぁ…。
 『漫画×演劇×映像のハイブリッドパフォーマンス』とか書いてましたけど確かにそうだわ…ジャンルとしてこれ、見ごたえありまくり。

 で、この手の漫画原作ものは役者さんのキャラのなりきり完成度が重要とされるのですが、まぁ…余すところなく似てるな。
身長や体格さえクリアして俳優さん揃えられるのも大概凄いなといつも思うのですが、レベル高かったよ~。
身長に関してはその素体を活かしてかつちょっとした動きや立ち位置でちゃんと背の低いキャラは低く、高いキャラは高く、より『そう見える』ように動いてるのが解るし。
 視覚効果って馬鹿に出来ないもので、とにかくこの舞台は『表現』ってものがとことん妥協なく突き詰められてると思う。
 舞台すべての表現はこの通り、技術や衣装によって最高レベルなんだけど、また俳優さんらも凄くレベル高かった。
まぁどの人達もキャラを把握しきってるのか、セリフを言ってない背景のキャラたちまで、『そのキャラらしい』動きを崩さない。
やりすぎるのはどうかと思うのだけど、お話の進行の後ろで、さもそのキャラ達らしい絡みを展開する小ネタの様なものとか、大なり小なり皆演じ切ってる。
 お調子者はお調子者、クールな子はクール、動くだけが演技じゃなくて、『動かない事』も含めて空気感を出している。
盛り上げが巧いのはそのお調子者キャラ達なわけで良く目立つのだけど、こういう動かない『静』の俳優さんらもすごく良い演技してるなぁと感じた。
 田中先輩は全身から田中先輩感出してたし、3年達の関係性やツッキーの気怠さ、原作じゃ敵校の全く気にしていなかったキャラの国見とか、上手かったなぁ~。
 個人的に山口役の俳優さんがすっごい体の動きが綺麗で、キレが良くて、キャラがお話上地味なのに目に留まるって相当だなと拍手もの。
 長時間ストップモーションで止まるシーンがあるんだけど、この人だけ地味に厳しいポーズで止まってて、微動だにしないから筋力とか基本的な所、鍛えたんだろうなぁと感心しました。
これも飛ぶとか回転するとか、派手な大技と対極にある見せ方だよね。(あとツッキーがね、バレーボール漫画ならではと言うか、腕の長さが本当に長く見える動きで、態度はだるそうに動くのに、腕だけ『グワッ』って感じで壁として伸びてて、本当に身長が高いから腕も長いのか、見せ方なのか、不思議だった。)
 あ、動く方の凄さは田中先輩の人がめっちゃ高く、パワフルなアタックジャンプで爽快です。この人、かなり盛り上げてくれるわ。
敵校だと及川さんが目力ある人だなと思いました。

 あとねー、声。
友人からアニメDVDもその時一緒に回ってきたんですが、アニメは確かに声優と言う分野で合った声をあててるんだけど、不思議とこの舞台のキャラたちの声の方が、声質が合ってたキャラが多かった。
 演じると言う部分では声も舞台も同じだし、現実そのままの人間の方が声の差ってそんなになくて似たり寄ったりになると思うんだけど(声優さんは声特化だから特徴差が解りやすい)、体格と言うところでキャラに寄せた舞台だと、声質に繋がるのかなぁ…不思議と違和感なく「ああこのキャラだ」と思える声が大半でした。

 脚本もよくここまで詰め込んだなと言う圧縮具合でバランスも良く、計二幕のお芝居なのですが、あっという間の時間です。
 細かい所は抜きにしても、所狭しと大人数で動きまくり、試合の表現も練りに練られていて、踊りだけでも十分楽しいし。
なんかもう久しぶりにエンターテイメントを観た!と言う気になれるひと時でした。
 漫画原作が忠実に表現され、演出の妙、プロジェクション、音楽、脚本、役者さん一人一人のパフォーマンス…とどれをとっても文句なしの大満足、一粒で何度も美味しい舞台です。
Over the garden wall
 久しぶりに良いアニメに出会う。
海外ものなんだなぁ、これが。
ディズニーとか、ジブリにはもの凄く人並み以上に距離を置いて冷静に見ちゃうのだけど、特にギャグもなく、基本良い事を言っていて、そこそこの冒険と悲しみと、ハッピーエンドが待つ『お伽話』を下敷きにした様な物語で―そこらあたりのキーワードはディズニーやらと同じなのに、わしっとハートを掴んでくれたのがこの作品。
 Over the garden wall。
Over_the_Garden_Wall_poster.gif



 1話目、ワート兄とグレッグ弟が、いきなり森で迷っている。
帰りたいのに帰り道が解らない。
いろんな場所を彷徨って、家まで帰ろうとする物語なんだけど、森には『獣』がいて、彼らを捕まえようとする―。
 そんな10の短編で綴られる兄弟のお伽話的ファンタジー。
メルヘンじゃないのは、鳥が喋ったりする事に兄弟が突っ込みを入れる所。
(でも蛙が二本足で歩いていたり、文化を持っていたりしてもおかしくは感じないので、話の舞台によってそこら辺は統一性ないのかも?)
 1話ごとに全く違う場所に辿り着いては、何かしらの物語が進んでいくのだけど、途中で出会う青い小鳥や、樵の男、魔女に働かされる娘―とゲストキャラのお話としても動いていくので、統一感のある話の割に、お伽話度が高いのね。

 とにかくこの兄弟が良くって。
 真面目で現実的な兄。
無邪気で前向き、好奇心旺盛な弟。
greg.gif


 この弟グレッグが超絶魅力的。
単純な顔だけど、表情が凄く豊かなの。
greg (2)


greg (3)


greg (4)


動くとまた、可愛い!
greg (5)


…良いわぁ…グレッグ。(グレゴリーと言うのが本名のようだ。)
家までの帰り路が解るように、ズボンからキャンディーをばらまくのだけど、そこからして動きがキュート。
 また、海外もの独特の、唐突に歌い出すミュージカルシーンなどもこの子の歌い方が良くって、可愛いしか言いようがないよ。たまらんなぁ…。
あちらの声優、そのものが良いなぁと思ったのも初めてかも。喋り方や、声の高さや、舌足らず、全部可愛いんだもん。
思わず海外ものなのにグッズ買いそうになった。

 これ、物語の真相が一気に解る9話目辺りが最高潮に盛り上がって、勝手ばかりをする弟に振り回されて、迷子になってしまった事にとうとう切れる真面目兄、ワート。(ワーツ、と聞こえるんだけど?)
もう知らね!と一瞬弟にそっぽ向いてしまう。
 弟は確かに気まぐれでとんでもない行動ばかりするけど、どれもこれも人の役に立とうとする行動ばかりで、兄の心の隙を突いて飲み込もうとする『獣』にも、自分が身代わりを申し出て―と、物語は加速。

 実はこの二人、血が繋がってないみたいなのね。
ある日親が連れ子付きで再婚して、いきなり兄弟になったみたい。(あるいは父親が違う??いや、母親が同じならもう少し兄弟感あるはず。海外物ではよくある設定だが。)
だからお互いの距離感と言うのが凄く独特だったのね。
 兄弟、義務、本音、それらを解った上で過去の話を見ると、渦中の二人の行動が一段と深く、鮮やかに詰まっている。
では兄だけが苛立ちと良心に苛まれて『獣』に飲み込まれようとしたのか?いや、優しく無邪気に見える弟にも浸けこまれる要素があって―とこちらはラストのラストに解るのだけど、それぞれの戸惑いの欠片の様なものが、丁寧に作りこまれている。
ばらまいたキャンディー、大事な石―。

 何よりも驚いたのは、実はこの話、お伽話じゃなく、現代のお話だったと言う所。
1話より前の時系列である9、10話あたり、とにかく切ない、愛おしい。
 それこそがおとぎ話の教訓と、同じくらいかそれ以上の感動を与えてくれる。
1話目は幻想ホラー的な要素で始まり、ハラハラ感の強い冒険が多いのだけど、最後は優しく心が包み込まれる様なハッピーエンドが待っています。
 兄弟や、物語に出てくる全てのキャラに、『めでたしめでたし』を―。

 他は海外物だと『RWBY』の造形とか『MLP』の面白さとか、『モンスター・ハイ』のノリやら、興味深いのが増えてきて嬉しい所。
見たいのは多いのだけど、言葉の壁が大きくて、なかなか理解し辛い所が辛いわ。