FC2ブログ
  
元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
アウシュヴィッツの歯科医

 この単語を聞いただけで、ナチスの事しか思いつかない地名なんですが…。
その通りユダヤ人強制収容所の話です。
 表紙も分かりやすく、歯医者―と言うのはナチス側の要員ではなく、収容された側のユダヤ人の語り手なんです。
正確には歯医者見習い。
 しかし過酷な戦況下の中では、見習いだろうが貴重な医師です。彼はろくな道具も知識もない中、経験だけで乱暴ながらも技術を身に着けていきます。
 けれど何より上記を聞いても覆されるイメージは、貴重な医者だからと言って彼がなんら優遇もされない『囚人』と言う身分である事です。

 そもそも収容される事からして理不尽なものですから、収容される前から始まる人種差別、国からだけでなく近隣住人からの手のひら返し、道行く見知らぬ人間からの罵りや暴力、収容される前から地獄は始まっています。
この地獄は果てる事を知らず、収容所の中でも気晴らしのために、或いはその意識すらないままの『当たり前の日常』の如く、鞭を振るわれ無抵抗に殺され…。
 今現在の私たちはすでにアウシュビッツが何であったかを知っているので内容は想像通りなのですが、当時、そこで何が行われていたのか、他国(自国の中でも)は知らずにいたわけです。話を聞いても信じられぬ様子。
 少しだけ思いもよらなかったのが彼らの『他国は何をしてるんだ?ここで何が起こっているのか知らないのか』と他国の参入が当たり前のようなセリフ。
…うーん、当時の情勢まで詳しくわからないからあれだけど、外国の人=助けてくれる人、だったんだろうか?
 所がその他国の人もユダヤ人を差別するという夢も希望もない現実。
(ここら辺、何がそんなにこの人種差別の感情を空き起こしたのかわからないんだけど、昔土地だの金だの取られただとか前の戦争を始めたのはお前らだとかなんだか??そういうセリフはありましたが。)
 それどころか同じユダヤ人でもどこの国のユダヤ人かでさらにカーストが…。(ユダヤ人ってそんなに各国に散らばっているのか。移民??)
 何にせよナチスはアーリア人こそ至高、です。
中にはナチスの中でさえ上のやり方に不満を持つ者はいましたから、出来る範囲での優しさを見せる者もいるのですが、戦争脳、選民脳になっている人間たちの勢いと権力が段違いなので、語り手の周囲でもバンバン知人は死に、自分も何度も死にかけます。

 一つ一つのエピソード自体は想像できるものですが、この本、とにかく記憶が細かい。
よくここまで事細かに覚えているなと言う描写と周囲の人間の動きやセリフ。
(この方、語る事で当時の悲劇を訴えている方なんですが、声を失う恐れがあって、本にするしかないとこの一冊に打ち込んだ。その熱意が詰まっている。)
 単純に何をされた、というよりもその合間の普段の日常や虐待そのものでない事柄の些細な描写が現実感ありすぎて、かえって拷問のシーンを強調しています。不思議…と言うか、体験談と言うものの圧倒的な凄みですね。
 それからこの状況下での彼らの信仰心の揺らぎも読みどころでした。同じく選民思想が宗教は宗教であるのですが、彼らの場合、自分たちが助かると言うよりは、神を信じる事が出来るという意味での選ばれた民と言う感じらしく、それが故の助けてくれない神に対する意義を死地でどう捉えたのか―ここら辺の語り手以外も含むユダヤ人の反応も興味深いものでした。

 戦争が終ってからの一幕もあり、始まる前から、終わった後まで、戦争と言うものの影響力、奪っていくものの悲惨さだけでなく多様さも解る本だと思います。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック