元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
夢みる宝石

 確かあらすじは、家出した少年が見世物小屋に混じって成長していくんだけど、そこの団長がとんでもない事を企んでいて、団員たちとそれを止める話―。
 合ってた、けどこれは実際読んでみると予想していたようなお話じゃなかったな。

 まず、SFファンタジーなのも知っていたんだけど、『妖しい雰囲気』と言うより『本当に奇想』であった。
 例えば小さいままの女とか、爬虫類みたいな見た目の男とか、(昔の本だからか今は禁止されている用語の呼び名)とか…そういった見世物小屋系のビジュアルでファンタジーっぽいんではなかった。
 そもそも主人公の少年はそれこそ少女に化けて歌手としてこの一座に入り込んだので、それだけで絵になりそうなもんなんだけど、この本のメインメニューはあくまでも『不思議な力を持った水晶』。
 それでいてそれにまつわる団長の変質的な所とか、暴力、精神的苦痛、そう言うのがソースに絡む感じ。

 その水晶も、何やら生命の傷を修復するとか、はたまた傷口を作るとか、治癒力を超えた変質能力が根本で、団長はそれを元に『まるまる一体の人間が出来るんじゃね?』と世を忍んで実験をしている。
…もしかして、一座に居るいろいろ肉体的に欠如を持つ団員たちは、その実験作??
 ―この辺りは最後の方にいろいろ驚く展開があるんだけど、簡単に言うと『水晶人間』と言う存在があるのね。
そこまで読んでようやく、タイトルがそういう意味かと合点したわ。
ははぁ、なるほどなぁ!

 ラストはハッピーエンドではあるのですが、ぼんやりとしたただ平穏と言うものを得たにしろ、揺るぎない自認された幸せと言うのが、主人公らの場合何なのかわからないのでちょっとだけこちらの気持ちが尻切れトンボ。
 まぁ、平穏無事に暮らせれば、それで幸せなのかなぁ…うん。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック