FC2ブログ
  
元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
空へ 悪夢のエヴェレスト1996年5月10日

 ノンフィクションのエベレスト登山隊の話です。言ってしまうと、ただ一人の生き残りが書いた遭難の記録…ですね。ただ唯一の生き残りが報道者枠の一人だったせいか、まぁ見事な分厚い本に。
 そして初っ端から度肝を抜かれる登場人物の多さ…。
(まぁサポートチームや他の登山隊の人たちも出てくるので、これが小説だったらありえないくらいにずらりと名前が書かれている。いきなり覚えるのを放棄しました。)
 これ、話を把握出来るのか?と思いましたが、まぁ視点は著者視点ですので、話の流れは解ります。

 この様に一人だけの生き残り―となると相当暗そうな話かと思ったのですが、本人の悔恨はもちろんあるとして、一方で他の人の事をえらいズバズバと欠点も上げ連ねたり、また後となって失策だった事を指摘してみたり、居ない人の事を推測で書いてみたりがあるので、ちょっともやっとする。
これ自体は著者本人や遺族からの抗議の手紙なんかではっきりと書かれているんだけど、こうして伝聞って残っていくんだなぁ…と。
死人に口なしと言うのがどうも。
 勿論この著者は別に誰を貶めるためでもなく、自分自身も地獄を味わって傷ついて、だからこそ誰よりもこの体験談を語る意義を持った人もでもあるし、高所の酸欠状態、或いは心配して気が気じゃない登場人物ら皆が『正常な状態じゃない』上で判断した言動を記憶で書き留めたところで、誰もが納得する話を語れるわけじゃない。
そもそも事実自体、納得しようがしまいがただあるだけの存在だし。
 忌憚なく書いている部分に、死人に鞭打たない気質の人間は眉を顰めることもあるだろうが、『真相を語る!』的な話ではなく、自らが死の境界線を漂った『記憶』の話としてとれば、往々にしてこんな感じになると思う。
個人の視点は神の視点じゃないもんね…。
 何よりも書く事で自らを癒したいという気持ちが痛ましい。書く事で多くの励ましは得られるが、少なからずの批判と言う更なる痛みも混じるというのに、よくぞ書いたというのが、この人のジャーナリズム魂なのかもしれないね。

 どうしても話の内容はくどかったり解りづらかったりする部分はあるのだけど、当時の混乱と困惑、まだ息をしている仲間を置き去りにせざる得ない苦しみ、極限の人の心理を見せつけられる話でした。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック