FC2ブログ
  
元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
お墓からの招待状 怪異・珍奇・面白墓めぐり

 なんだこのタイトルは…と思っていたらサブタイトルで納得。有名人の墓巡りっていうジャンルはあるもんなぁ。
ちょっと興味が出て手に取った。
 そしたら結構驚いたのが、時代劇の有名どころ達、結構実在の人物なんだ?!

 当時すでに実在の人物を元にフィクション化されていたものを小説にし、そこから更にTV化とか…。ちょっとオリジナルと思ってTVの脚本の底力を喜んでいたのに失望した…。(果ては小説までな。)
完全オリジナルの作品ないのか。
(なお世の中の物語はすべて30パターンぐらいに分類されるという説がある。)

 横道に逸れたがっかり感だったけど、逆に本物の史実の人たちの面白さも知る。
そりゃもうめちゃくちゃ脚色されている人はとことんで、本人も困惑してるだろうという解説が面白い。
本当とされているエピソードはそれはそれで面白いしね。

 近かったら行ってもいいな、とか思いましたが、特にはなく。
…高野山奥の院なんかかなりの数網羅出来そうな墓具合だけどね。
 長く時を経ればお墓の怖さが薄れるのは何なんでしょうね。あ、でも由来の知れない墓はやっぱり怖いか。観光化されてこそ、だな。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック