元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
神々のトリック Hot・nonfiction

 大槻教授と言えば何でもかんでもプラズマと言うイメージ。
オカルト否定派と言う立場は好きなのだけど…と、この本を読んでみたらまたイメージが変わりました。
あ、この人こんなに宗教を勉強してる人なんだぁ、と。
 そしてその上で各種奇跡をこれは違う、あれはあり得ないと斬り捨てる。
あはは、面白いなこれ。
 その上で宗教の簡単なあらましやエピソードも聞けるという一挙両得感のある本です。仏教の話が面白かったかな。

 この人の話はTVで編集されたり、感情的に議論したりするわけでなければ、一科学者として真っ当な事を言ってるだけなんだよね。
目の前にある事柄に、有り得ない状況を外して、何をどうすればこういう状態になるのかを理論破綻がないように推測する。
そこに神の力云々を差し挟まない。
魂が情報だとするならば…と言う話も、オカルトを頭から否定するのとはまた違う切り口で共感しやすい話だった。
…なんでこんなに『プラズマの人』とされているのか、TVの力って恐ろしいな。

 その問題的のオカルト側の問題も、解く時の色んなジャンルの解き明かし方も、幅広い知識だなぁと素直に感心します。
―て言うか、例えば聖書の中身を全部事実!と前提に話さなければならんのだろうか。最初から神話なんぞ全てフィクションと決めつける事も出来るだろうに、きちんとそれに乗った上で反論する教授が律儀かつ職人肌だなぁと思いました。
 なお中の1エピソードの、因幡の白兎の海水と日光浴が実はそれはそれで理に適っている話は面白かった。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック