元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
戦争孤児と戦後児童保護の歴史 台場、八丈島に「島流し」にされた子どもたち

 孤児院ビジネスの話から、なら日本の孤児院はどうだったのか。
なんて所から本探し。
これに当たる。
 島流しと言う強烈なタイトルですが、戦争孤児と言う一気大量に現れた存在を、戦後の日本がどう取り合っていたか、ですね。
 『国の命令で父親を亡くしたのだから、戦争孤児は国が養うのが当然』と言う理屈はよく解りましたが、それで戦争孤児が普通の孤児より手厚く保護されるのに不平等感とかもあったのですって。…うーん、確かに理屈に適っているようだけど、現場じゃ実際の子供たち前にそんな不平等は辛いか…。

 この様に時代や背景、立場の違いで衝撃を知らされる本なのですが、さらに驚いたのが、孤児らは浮浪児であり、狩られる対象で合ったという事。
綺麗事なしに、保護の対象であると同時に、治安や衛生上の問題もあり、痛々しくあると同時に苦々しい存在でもあったのでしょう。
 政府の方針で浮浪児狩りと言う単語自体が衝撃ですが、実際に捕まえるのに一匹二匹と数える現場も。…怖い。
 そのせいか、食べるものや住む所、風呂、衣服を与えられるにも関わらず、孤児たちは施設や役人の手から逃げ出すのが当たり前だったらしく。
え…保護されて施設から逃げ出すのか…。
 住む所も食べるものもない彼らが、どこに逃げようと言うのか。また、それほどまでに『全て』の孤児保護施設が地獄だったようにも思えませんが…。
 恐らく当時を実際の孤児らが語る体験の中の一部がクローズアップされている事もあるのでしょうが、現にこの島流し、「あー、もう逃げられないように島に閉じ込めちまえ!」と言う孤児らが施設から逃げないようにする対策でもあったようです。…なるほど。
 子供らは、逃げないように職員の目が届かない時間は服を脱がされて逃亡防止されていたと言う話もあるのだから、どれだけ捕まえ、逃げられのイタチゴッコがあったのでしょう。
(しかし捕まる孤児らは、犯罪や売春等、まともな金稼ぎは出来ていないわけです。病気にもかかっていましたし…。
孤児らはただ現代の感覚の様に「子供だから可哀想」だけの存在じゃなかったのが痛ましいですね。)

 孤児に付いての本を探していたとはいえ、外国と比べるのにこの昔の戦後の孤児の本では比較にならないでしょうか。
ただ、混乱加減と言うか、ある意味経済的には同じ程度で量れそうな気もしますが…。
 肝心の子供たちが何故逃げるかですが、家がないのに家に帰りたいとか、ここではなく東京に行けば―とか、現実的な救済ではなく、希望のような物だと思えました。自由がない事が人間らしく生きられない理由であるのは解ります。しかしその自由の先に何があるのかは、また別の苦しみであると見えている場合でも、求めずにはいられない―ある意味希望の残酷な一面を見た気がします。
勿論施設の運営自体にも多くの問題は合ったのでしょうが、さすがに例の外国の様なビジネス―はなかったわけですが。
 管理される事自体と、寝食を与えられる事、価値観もあるけれど、一概に管理する側だけを攻めにくい…。少なくともやってる方は救済だと言う認識だけはあって、やり方が上手くなかっただけなんでしょう。
 それもこれも、当時そこにいた少年たちに「逃げたかった」と語られたら綺麗事になっちゃうんだろうか…。実際に海に逃げ出して溺死した子供たちも居た位なので、外部からは見えない色々もあったのでしょうが。
逃亡に成功した子供は、果たして少しでも幸せな生活を送っていれば良いのですが…。
 ただ、最終的にはそういった施設も感化院にもなっていったようで、そこまでくるともう少年たちとの大乱闘。
少年たちは火を付けたり、大人たちに暴力を振るったり、凄かったようです。
それで余計に島の住人たちから色眼鏡で見られると言う―。

 放っておけば食べれなくなる。貧すれば鈍する。生きるための盗みが正当化され、ますます周囲からつま弾きにされる。根本と思える生活を援助しても、管理されるのが生きている人間という事はこんなにも難しい。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック