元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
ヒーローズ(株)!!! [正]

 タイトルから溢れるわくわく感。
プロローグがなかなか衝撃的で、不良に絡まれて怖いなぁ、そりゃ無難に逃げるよねとか思っていたところに小学生の交通事故、一転、あの不良が泣きながら小学生を助けていて、物の善悪、人柄ってなんだ?と思わせてからの暗転―。
 始終、個々の辛い過去と、それを乗り越えてちょっとでも誰かを助けようと言う、人情ストーリーでした。
は~、コメディっぽく思ってたら違うのね。

 主人公はさえない毎日を送っているフリーターで、田舎からはもうすぐ寿命を迎えそうなお祖父ちゃんのため、一度帰って来いと言う母親の矢の催促。
でも会社を辞めちゃってて、故郷に錦を飾れるわけでもなく、先延ばしの毎日。
 そんな彼が、風変わりな新しいバイトを開始する。
それがヒーローズ㈱。
自分がヒーローになるのではなく、誰かがヒーローになるのを助ける会社。
 コンセプトが素敵。
 何よりもそのヒーローと言う観念が大事で、アニメみたいなヒーローでなくて良く、誰かにとってのヒーローであるならば、世間に夢を与える漫画を描く漫画家でも、期待の女優でも、とにかく何でも構わない。
全力でそのヒーロー像を助けるなんでも会社。
 実際主人公はスランプの漫画家に続きを書かせるためのお手伝いをやらされる。
バイトの最期の日には、その漫画家から感謝され、似顔絵を送られるのだが、それが本当に嬉しくて、とうとう主人公はこの会社の正社員を目指す事に―。
 かなりの人生エールストーリーでしょ?

 まぁ正直、リアルに近いと言うか、悪く言えば一つ一つの事件は地味。
 ただ、出てくるキャラの過去とか、乗り越え方とかがひとつひとつ掘り下げがきちんとしていて、解決の仕方もたまたま上手く行ったパターンばかりなのだけど、その分嫌な気分にならず、皆頑張っているんだなぁと思えるのが良い。
(しかし私なら美容師さんの過去話は、そんなの相手は自業自得だと思うんだが、自分も悪かったなんて思える美容師さんはお人好しと言うか、釈然としない。これが和解しそうだからちょっと優しい世界過ぎる気がした。)
 ちょっとまだ全体的に固いと言うかバランスの取れてない感じに映る作品なのですが、青春映画風にパワフルに撮れそうなお話だなと思いました。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック