元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
怖い絵展
 『怖い絵』を読んでいた頃はまさか本当にこんな展覧会が開かれると思っていなかった。
本は本、美術は美術と思っていたからねぇ…。
 でもいろんな企画があるものだ。
 言葉としては結構有名なので、周囲の人も皆注目しておりました展覧会、混んでるだろうなぁと思いつつ、行きたい様な、それほどでもない様な感じでいましたが、先日機会があり行ってきました。
うん、混んでる。

 さて、恐らく借りるのにどれだけの所から掻きか詰めたんだろうと言う絵の数々。一人の作者でなくテーマとしての集まりだもんね。
こういうのも作者さんの以前の取材とかで顔が利くんだろうか?
 モノクロの物や小さいものも多かったのだけど、なかなか衝撃を受けた点もあり。
 まず時代を感じさせないモチーフ。
最近の絵かと思いきや、結構昔の絵で、その絵柄や表現などに驚いたのがセイレーンの類の絵。
 それからやはり一番メインにされていた(メインビジュアルでチラシなどに載っている)作品の凄さ。
光と闇の表現と、やはり単純にその作品のデカさ(本当に大きかった)に迫力を感じる。
 あと逆に、ホラー、オカルト本でよく見かける夢魔の絵が、あんなに小さいものだと思ってなかった。あと模造品の方がよく見かけていたんだと言う事実。
 それからどれもこれも額縁まで凝っていて重厚だったなぁと言うイメージ。…うむ。

 人気過ぎると人ごみで躊躇しますし、ゆっくり落ち着いては見れないのですが、行って良かった展覧会。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック