元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
真夜中の図書館

 面白そうなタイトル!と谷山浩子氏の作風に浸りたくて読んだのですが、おっとエッセイ集だった。
彼女が読んできた絵本や児童書についての作品毎のエッセイです。
 個人差が大きいとは言え、この感想がまた、自分とことごとく違っていてさすがに歌であの世界観持ってる人は違うわ…と。
 人魚姫なんて王子が気づかないのが理不尽、とかみたいですが、命の恩人ではあっても結婚するかとは別じゃない?
まぁ、他の作品の感想もかする事無く読み終えたと言う感じか。(ただし『クーロンズゲート』絶賛には同意。)
 ひとつ、『まっくら森の歌』の感想が読んでて興味深かった。
彼女はあれを怖い歌だと思ってなくて、確かに深読みしなければあの歌、怖いわけじゃないんだよねぇ。メロディとか絵が怖い感じなだけだと思う。
 クリエイティブな人の頭の中って、思ったよりも常識、思ったよりも変な所が入り混じっておりました。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック