元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
ホーダー 捨てられない・片付けられない病

 アメリカの捨てられない人たちにはこういう名前が付いてるんですね。ホーダーと言うそうで、立派な病気として研究対象にされている。
 色々と違うなぁと感じるのは、向うは精神的な事で病院にかかるのも抵抗がないし、自ら研究対象に…と手を上げて来る人がたくさんいる。
それで自分も治れば万々歳だし、研究者も研究対象に事欠かず、むしろ応募者が多すぎて驚くんだそうで。
 しかし何せスケールが日本とは違うので、溜め込む量は持てる空間に比例し、酷いのになると、家が一つ埋まると次の家を買い…と4軒5軒をゴミ屋敷にして住み替えていく人も居るようです。
…買えちゃうのね…。
 中の様子はハムスターの巣穴の様に例えられ、ヤギ道と言う移動経路は想像だに容易い。ここら辺は洋の東西を問わずだな。

 しかし研究だからか、割と自己分析の進んでいるホーダーの人も多く、治そうとする意思はあるみたい。
ところが治療方法に諾々とは従わず、自分の主張は全開の人も同じく多い。
捨てるどころか、買い物依存症の人も多いので、『今日は一日買い物をしない日』と言うのだけでも苦行となるそうで。
 彼ら彼女らの言い訳を聞いていると、本当に信じられない思考回路をしているのですが、言わせてみれば「何でもかんでも捨てる」こっち側がおかしいと言うのも、隔たりを考えると理解出来ます。
要はライン引きが全く違うのね。
 大事な物、必要なもののキャパや、ないと困ると言う不安。そりゃぁ要る物を捨てている様にも、要らない物を溜め込んでいる様にもお互いそう見えるわ。
研究対象の生き方を見ていると、どうしてもゴミ屋敷と言うのは結果であって、そこに至るまでの問題点が個々に違うと思われます。
 そうなるとこれは病気そのものと言うより単なる病気の結果と言える。
本来は強迫性観念とか、潔癖症、代替行為…と治療すべき別の要因は多いのでしょうね。(しかしコレクターもこれらの中に含まれると言うのが盲点でした。)
 恐らくは目の前に物理的に障害を築き上げる『ゴミの山』そのものが問題に見えるけど、それらは根本じゃない。だから「捨てられない…」と悩む前に何故捨てられないのかの原因を究明して目を向けなければ進展せず、それで皆「何故かわからないけどゴミは減らない」となりがちなのかと。

 割と日本で流行っている断捨離系は、対処療法寄りなんだろうなぁ…。恐らくは言葉の上滑りが多い印象。
本当に断捨離(ひとつひとつの漢字の意味から)を考えて根本療法としてやってる人は意外と少なそう。
 成功と失敗の分かれ目はここなのかもね。
 まぁ日本でいう所のゴミ屋敷と、ホーダーは若干違うらしいですが。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック