元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
なんにもない部屋で赤ちゃんを育ててみれば

 ミニマリストは果たして子育てに対応出来るのか、的な。
今までのブログの流れをざっくり読んでいるので、どんなもんかと手に取り。
 うーん、残念な事に丸々コミックエッセイじゃないのね。文章と半々くらいか。テンポが掴みづらいし、この人の売りはコミックエッセイなのでそっちで読みたかった。

 肝心の子育てですが、そりゃぁ荷物はどんと増えるよね。
今まで子供がいないから家を綺麗に保ててる、子どもが居たら散らかり放題とか言われていたようで、この人も結局一時的にそうなってしまったようです。…まぁ世の中には優先順位があるもんね。
かつ時間も有限。
 しかしある意味で汚屋敷出身のトラウマで綺麗に保つことに強迫観念を抱いているのか、散らかり始めた時は一種のクライシス状態を経験したようです。でもある程度すると慣れちゃうんだそうだ。
 それはどっちの意味でもとれるなぁ。
人間どうとでも暮らしていける。汚さなんて個人基準。今までどんな風に生きていようが、落ちる時は落ちる―。
―まぁ、落ち着いたら元のミニマリストにすぐ返り咲いたようですが。
 確かに子育て中で精神的にも体力的にもやられている所に、日々ルーチンを増やしちゃいけないよね。
それでイライラ、トゲトゲしたようだし。
 人には容量があると言う話でした。

 あと荷物が増えて掃除にしにくい事に気づいた―って、この人レベルが今更何を言っているんだろうと思った。
掃除のしやすさを求めてor実際荷物減った時に掃除しやすい!となるんじゃないんだ…。
(と言う事はこの人、本当に物を減らす事に実用とかが第一に来てるんじゃないのね。自分で『捨て変態』と名乗るだけあって、もう性分がそうなんだ…。)
 うーん、まぁ、ちょっと期待していたような内容じゃなかったな。てっきり物を増やさないまま「こんなんで赤ちゃん育てていけるの?!」と言う驚きの生活を拝めるのかと思っていたら、(当たり前だけど)ミニマリストも普通にテンパる人の子でした。
 それでもこの人基準で荒れただけで立て直しも早いし、当然一般家庭のどこよりもすっきりした生活してると思います。ミニマリスト名乗れるレベルはさすがだわ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック