元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
ポーチを探し続けて
 気が付けばあれだけ捨てられなかったポーチの整理が随分と進んでいました。
とは言えそれは『服とポーチだけはいつまで経っても減らせない』と言っていた私の事ですから、それなりの数は残ってるんです。
ほとんど使っていないのに手元に残し気味なんだよなぁ…。
 例えば一ヶ月で区切ると、完全に稼働しているのは、物運び用ポーチ(大)とそこから小分けに持ち歩く用ポーチ(薄)に、化粧ポーチ(小)くらい。(避難用リュックだの車備え付け、職場置きの物はパッキング用と解釈して外数。)
 3つだよ、3つ…。
突き詰めていけばレギュラーなんてこれくらいのもんだったわけです。

 で、まだ置いてあるものとしてはアイテムが多くなった時(主に夏)用少し大きめ化粧ポーチと、ティッシュケース&ウェットティッシュケース(どちらもポーチ仕様)。
これがなんだか捨てられない。(;´▽`)
 実際はティッシュなんぞカバーを付けようとかあんまり思ってないんですが、用途が違いまして。
実は私のわずかな化粧品類、ティッシュケースの方に綺麗に全部収まっちゃうんですよ。
…それで収まる容量って…。
 どうも小さく持ちたい欲があるもんで、常に荷物ピッタリのポーチを置いておきたいんですよね。
それがこの頻繁に使うわけでもないのに手元に残しちゃう所以。気に入ってるかと言うと、微妙ではある。

 いい加減ここら辺を何とか整理したいと考え続けておりました。
いい案が浮かばないまま、ふと、今年は化粧ポーチをそろそろ変えたいなぁ…なんて心境にもなりまして。
 ええ、シンプルで飽きが来ず十分小ぶりの、シガレットケースサイズの化粧ポーチだったんですが、縦開きのため奥の方の化粧品類が若干取りづらく感じるようになりましてね。つまりだ、手がファスナーで擦れるのね。傷だらけの手に厳しいものがあるのね。(何年も使い続けてきて本当今更なんですが。)
 あと飽きが来ないと書きましたが、多分来たんだと思う。

 で、ここはそれ、小さいのも大きいのも取り揃えるんじゃなく、とにかくひとつで納得出来るような化粧ポーチを探してみたい。
何というか、縮小、拡張出来るようなポーチはないのかなぁ?それから今のポーチは全部布が薄くてコンパクトとか傷付きそう。仕切りも欲しい。etc…、と考えていたら、デジカメポーチとか、そこら辺で対応出来るんじゃないかとか。もうそこからは『ポーチ』と名の付くものすべて通販で探しまくりましたよ。
 化粧、コスメ、メイク、バニティ、と言う単語の組み合わせからカメラだのAVだの、果てはコスメブランドや雑誌ノベルティまで―。
生半可な物じゃOKを出さない覚悟で、市販品から手作り品まで、数週間毎夜ネット検索、もう何百のポーチの寸法を読んできただろう、多分市場の8割方は検索し尽くしたんじゃないか…と言うある日、自分の好みに合った形状の物をふと発見。
横開きファスナー。薄手両面開き。クッションあり。
 化粧ポーチ専用ではないものの、それが故のコンパクトさが気に入った。今使用しているものより僅かに大きい程度。(けれど横開きなので容量的には数段余裕が出来る。)
大事なのは両面使えると言う所で、これなら普段片面だけで使用して、持ち物が増えた時だけ両面使えば体積的に縮小拡張と出来るしね!

 で、なんで今まで見つかっていなかったかと言うと、ちょっと…ポーチと思えない値段帯の商品だったから。
え…マジの値段ですか?私サイズ見間違えてる??カバンの値段かな??デザイン料ってやつなんでしょうか…。
 いくらなんでもポーチにこれは(私的に)ないなぁ―と諦めるしかないかとウダウダしてたんですが、サイトを変えても居並ぶ定価の中、奇跡的に何故だか私の欲しいカラーだけ割引になっている店を発見。別に訳アリ品でも無いのに、何故?!∑(;´∀`)しかも新規登録でさらにお安くなるとか。

―買うわよ、そりゃぁ!

結局最初に見つけた店の半額位で買えました。
やー、ホクホクだな。

 で、気を良くして手元に置き続けていた大き目化粧ポーチは、職場に置いてある袋物2つとお役目交換。
ティッシュケース&ウェットティッシュケースは整理。
当然化粧ポーチは交換なので、1IN5OUTと言うえらいすっきりした状態に。
 あら~、これで全てのポーチ、稼働率100%だわ。何という清々しさでしょう。(*ノωノ)

 服もポーチも、なんかもう私にとっての整理整頓ラスボスは越えられるようになったみたいです。成長。
数の少なさと言うより、使っていないものがないと言う状態が気持ち良いんだな。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック