元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
化粧品入れ替えの儀・後編
 と言うわけで1で書いた消耗品すべてをゴミ箱へダンク。割と恒例のため躊躇なかった。
化粧筆などはメンテナンスで様子見。

 さて、今回揃えるつもりのものは、まず口紅。秋冬用は後で買うから、夏用だけね。
 毎度好きと言うか馴染の良い色は決まっているのでそれでいいかと思ったのですが、今回は一目惚れで挑戦した事はないが好きな色を選んでみた。
だって、どうせ消費期限内のお付き合いだしね、使用感はともかくとして色は気楽に選ぶよ。

 次にファンデ。
えーとファンデやめます。(おい)
 実はね、軽いと言われているミネラルファンデですら私には重いと言うか、いや、仕上がり感が化粧~って感じで好きじゃなかった。(いや、化粧だろって話ですが、カバー力が高すぎると、塗ってる!って感じがして嫌。粉でミネラルで、おまけに筆使いなのにまだ塗ってる感って何なんだよ。)
 あとハンカチが染まる。これは由々しき問題。
 で、おしろい、つまりフェイスパウダーを探す事にした。
軽い、そりゃ軽い!さらにノーカラータイプを選べばハンカチ問題もクリア!
 勿論カバー力については全くないが、すっぴんで平気な生活してる人間にそんなもの、恐るるに足りない話であった。化粧している感を醸し出す事が大事。

 さて、サンプル少量如きではなかなか判定が出来ないため、ガンガン現物でチャレンジしていく所存ではありますが、なるべくなら無駄なくやり過ごしたい…。
と言うわけで毎度、お試しはお安いものから始めます。
 まずはプチプラ。
色味とかだけはサンプルでめちゃくちゃ吟味するんですが、お店の照明とか、手の甲に付けるだけって本当、情報量が少ない。

 ひとつめ。
プチプラの吟味とは思えないほどサンプルに陣どって、納得してから購入したのですが、実際に使用してみるとやだ、ラメが…ラメがめちゃくちゃ入ってるじゃないですか~。(知ってたけど、思ったより派手で職場向きとは言えず、手とかに付くと延々取れない点でキーッ、となった。)
 チクショー、手に異物とか冗談じゃねーや!とすぐにラメのないものを買い直しに。
ところがそのシリーズでラメ無しなんて製品は存在してなかった。えー仕上がりとか肌馴染とか、他の点ではこれ、最高に良かったんですけど…。安いし。(;´Д`)
 ないのなら致し方なくて、プチプラの吟味にあれだけ時間をかけたくせに、ひとつめの失敗を経て方向性は決まっているので今度はあっさりとその売り場で高級な部類に入るゾーンで提示されたものをチョイス。(もう条件だけ言って美容部員さんに誘導されるがままですわ。)
 え?この値段じゃないの?専用コンパクトが別売り?はぁ、リフィルだけでも問題ないんですが…ってさすがに言いづらいしテンション自体は上がるからそれは買うか。
あ、同ラインのサンプルとか入れてくれなくていいんですよ?使わないし。
 しかし口が裂けてもそもそも下地からファンデからラインすべて持ってない(使わない)と言ったが最後、営業トーク全弾炸裂されるだろうから、全部持ってる態で嘘を付き通す。
 大量のサンプルとラメ入りパウダーは人にお譲り―。

 で、同時に買っていたアイシャドウもラメ入りで微妙。
うーん、細かいと思うなかれ、アトピーの手は常に清潔で居たいんだ。そして一度気になるとどうしても派手さが目につく。プチプラはやっぱりティーン対象だからか、薄化粧路線は少ないねー。
 とは言えアイシャドウなんてラメ入りで当たり前の世界でして、ないやつの方が、ない―と思われる。
美容部員さんに「ラメ入りじゃないアイシャドウはあるか」と質問して困らせてしまいました。(実際あるにはあるが、ほぼ、ない。)
 で、アイシャドウ位ラメは我慢するしかないかぁ…なんて思ってたら、「大きな声では言えないが、アイブロウをアイシャドウに使うと言う方法が…」と教えてくれたので、なんか迷走してチークをアイシャドウにする事にしました。(え。)
 うん、チークは良いね、ラメラメしてないね。いやぁ、シェードでアイシャドウを表現出来て自然自然!
たまたま口紅と同じブランドで同じ色味があったもんで、思わず踏み切ったよ。
 はい、ラメ入りアイシャドウも人の手に~。

 拭き取り化粧水は適当にアルコールが少ない薬局取り扱い品をチョイス。

 さてこれで最低限の化粧品は揃えた。
とりあえずしばらくは使い勝手や具合を見る期間なんで、まだゴールではないのだけれども。
もー調べる事なんて山ほどあるよね。
 日によって違う肌の調子に、汗、化粧崩れの程度、かぶれないか、軽いか、照明や太陽光下での見え方、付けやすさ化粧直しのしやすさ、匂い…etc。
 それでもいざという時、加減なんかを使いこなせてないと意味がないからね。
(そしてお試し期間中はもれなく肌荒ればく進タイムでもあるのでした。)
 
 売り場やネット検索でひたすら条件に合うものを探し回るのは疲れたけど、やっぱり選んでる間はいろんな商品見るんで楽しいのは楽しいです。
たまーにだから、いいんだろうなぁ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック