元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
炭坑美人 闇を灯す女たち

 その昔、炭坑で女性が働いていました。―そうなの?!
ごく一部の話かと思いきや、全く普通に潜っていたんですね。炭坑が閉鎖されてから、それを歴史と言うにはまだ早いと思うのですが、その光景がカルチャーショックを覚えさせるくらいに、時代は流れたようです。
 この本では実際に炭坑で働いていた女性たちを探し出し、インタビューをして、写真と共に収めています。数十人単位と言う、凄い記録だと思います。

 写真ではどのお婆さん達も楽しそうに笑い、力強く写っている。
インタビューで語られた彼女らの生き様は、どれもこれも物語になる程の過酷なもので、それなのにそれを笑い飛ばし、生き抜いてきたからこその達観で人生に激を飛ばします。
 そりゃぁ彼女らの人生に比べれば、今の世の中の苦労なんてねぇ…。
 とにかく周囲で人死にがばったばたと出る中、それでも男に負けじ、自分が働かねば誰が家を、子供を育てられるかと休む事無く炭坑に下るのです。
 時に炭坑を懐かしみ、時にもう二度と人間に生まれるものかと地獄を語る。
普通ならば悲愴さを語る生き証人なのでしょうが、本人達が強く前向きなため、お涙頂戴でなく、彼女らの厚みをひたすら感じ入る一冊になっています。
 若い命とはまた違う、深みのあるエネルギー。語られた時代と、老いを経ると言う一つの側面をひしひしと感じられた本です。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック