元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
映画『美女と野獣』
 やった―実写だぁ。とまぁディズニーアニメも見てないんですけどね、お話的には大好きなので。
 ただ予告でベル役がエマワトソンと聞いていたのでちょっと複雑な気持ちに。彼女はベルのイメージに合った申し分ない容姿なんだけど、ハリポタイメージがきつすぎてなぁ…。彼女自身のオーラが世界観を邪魔するのよね。

 結果的に映画は思っていた以上に良かったです。
まず始終歌を歌い続けている所。ミュージカルだ…。これを普通の映画にせず、ディズニー色出しっぱなしの歌いまくり表現は、そう来るかと言う感じでとても良かった。(吹き替え版で観たんですが、そりゃ岩崎宏美は巧いに決まってるよな。藤井隆…。)
 まぁ序盤は延々この調子で、ベルと野獣のメインストーリがなかなか始まらないので時間配分大丈夫なのかとやきもきしましたけど。
 案の定心配していた通り、二人が恋に落ちるまでが割と短すぎて、ちょっと予定調和に頼り気味。…本物のおとぎ話の一目惚れ光速スピードに比べるとシーン割いてるとは思いますが。
 なお、野獣のビジュアル。
もっと野獣野獣していてよかったんですがね。ちょっとコンパクトかつ大分と人間寄りのビジュアルに思えました。
いやぁ、あれはケモナーにしてみたら入り口にもないよ。普通に共存出来るレベル。
(そしてパラレルでもいいから、野獣のままお姫様と仲睦まじく暮らしましたラストの作品はないのか。その展開も萌えるだろう。)
 とりあえず最初から猛々しくはない野獣なので、王子に戻った時も違和感なくてそこはセーフ。
 むしろ一緒に戻った召使たちのど派手な出で立ちに驚いたよ。…着飾り過ぎ。
(とは言え冒頭の舞踏会のシーンからして派手なのは解ってましたが。あれは凄い綺麗だったなぁ。うん。)

 キャラ的にはガストンの相棒ル・フウがいい味出してます。…小回りの利くデブは最強だと思う。
 と言うかこの人、気弱な割には上手い事ガストンを操れるし、口も立つし、基本的に優しいし、自立心さえあれば、ガストンなんかの何百倍もいい男だと思うんですがね。
 最後、ガストンを諫めないまでも決裂するかと思ったんだけど、やっぱりガストンが好きなんだね、この人。気が良すぎてもう。
ガストンは友人に恵まれ過ぎですわ。
(ところでガストンはすっきりと死亡退場でしたが、ディズニー映画でも人死にが出るのかとちょっと意外に思った。)
 ガストンはガストンで、戦時ならば一生英雄で行けたんでしょうねぇ…。この人の性格は、周りではやし立てる村人と言う環境もダメだった気がする。
城に向かうまでの村人は、集団と言う怖さが表現されていて本当、げんなりした。

 ―あと最後まで野獣の名前が解らないわけですが、ベルはいつも何と呼んでいたんだろう。城での再会シーンとか、不便な状況だったろうに…。

 ひとまず十分満足な実写映画だったと思います。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック