元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
衣替えはないけれど
 次のシーズンまでお休みいただく衣類の仕舞支度はあるんだなぁ、なんて意識するようになりました。
なんせ衣替えがあった時はまだクリーニングしてから防虫剤入れて衣装ケースに…と言う流れはあったものの、衣替え無しにしてからは防虫剤すら入れる必要なくなったしね。(毎日数回タンスは開け閉めするし、全吊り収納だから風通し抜群。)クリーニングも出してしまえば意識にも上らない。
 それが今再び、『クリーニングに出さずに自分で洗えば行けるんじゃね?』となってから、この自宅クリーニング作業で衣替えを強く意識するようになったわけですよ。(正直結構面倒臭くはある。(苦笑))
特に冬物を洗う時は細心の注意と共に体力と時間を食いますからね。
 まぁ一番の大物のロングダウンジャケットをやっつけた後なので、トレンチコート辺りも粛々と終了。
後はちまちまと洗っております。
 今後は衣替えの季節になると『風呂場で手洗い』が行事として思い出されるようになるんだろうなぁ…。
(結局ロングのカシミヤだかウールだかのコートのみ、クリーニングに出してます。)

 自分なりの手順も確立されました。
専用洗剤も柔軟剤も使わずでセスキだけで洗うわけですが、浴槽に張られたセスキ液で、まずそのまま浴槽を洗う。(めっちゃピカピカになる。)
その液で壁から床から洗い倒す。(本当につるっつるになる。)
最後に追い炊きして風呂釜掃除まで出来ちゃう―。
か、完璧だ…。
 このクリーニング作業をやった日は、風呂掃除が捗る日でもあるんです。
なんせお湯&大量液&濡れてもいい場所と言うトリプルコンボであっちゅう間に汚れが落ちますからね。
 ―ただし、肌は荒れるので体にかからない様に注意せねばならぬが…。
 衣替えついでに、風呂場の大掃除にもなっていいか?どうせ半年一度くらいの頻度だろうしね。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック