元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
残穢

 このタイトル、映画が有名か、小野不由美作品として有名か。
まぁ映画は見に行かなかったんで、原作を押さえておこうと。
あの映画の告知、久しぶりのジャパニーズホラー大作の予感をさせていたじゃないですか。

 で、知っているような知らない様な漠然とした前知識で読んでいたのですが、序盤はじわじわくる感じで良し。
ダイレクトな話ではなく、じんわりくる怖さが、今後の話に期待を抱ける。

 が、中盤。
どうも進んでいるような進んでいない様な、決定打に欠ける怪異が小波の様に続く、続きすぎる。
ちょっとだれて来るなぁ。
 まぁ実際に素人が怪異を調べるなんてこんな地道な作業の繰り返しなんだと思いますけどね。
なんせ調べている側に誰一人として霊感がない。お話みたいにくっきり見えたり襲われたり、霊能者がいたりしません。(お話ですが。)
 ここら辺は好感度高いんですが、まぁぶっちゃけお話としての山谷に関してはその分マイナスがくるな、と。

 そしてラストまで―。
あ、これはいけません。
とうとう最後まで山がない、なさすぎる。
 むしろ民俗学の学生が研究レポートでも書いてるのかと言う様な怪異の成り立ち解説状態で、実際の怪異よりも、その仕組みを語り出しちゃう始末。
ほんのりと出てきた怪異自体も、てんでバラバラの場所や人に起こるから、気のせいレベルで済んじゃう。それなりに怪異元も調べるし解って来るんだけど、決定打がない。
 とうとう耳袋寄せ集めと言う態で、何の解決も、いや、原因も何もかもわからないまま、そう言うもんだと終ってしまう―。
ぇえええええ??これ、お話になってなくない??耳袋は長編だとダメだろ。
オカルト解説本、あるいは自説本だよね、内容は。それを小説風にしていると言うか…。

 物凄くがっくり来ました。これ、映画としてはどうだったんだろう?原作の時点でこれを映画化しても派手さやラストの収まりがないのに、何故…。
 この人のお話、今まで外れはなかったんだけど、これはちょっとびっくりするくらいに駄目だったわ。
ぼんやりした本でした。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック