元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
グリムの森へ

 グリムの名作を、女流作家たちが書く―との事で、私はてっきりグリム童話を題材や下敷きに、全然違うフィクションを書き下ろすのかと思ってました。
そしたら、本気で童話のまんまを、改めて書いただけ。翻訳と言うか、ちょっとした文体の捻くりと言うか…これ、彼女たちにわざわざ書かせた意味があるんだろうか?ネームバリューが勿体ないんだけども。
 正直、特に個性的な書き方もしてないし、何よりもその作家さんと解る内容でもない。
どういうコンセプトの本なんだろう??
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック