元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
母は汚屋敷住人

 まぁ自分の生家もキレイな方じゃないし、そんなきちんと片付いてないけど、物量が酷くないので大した乱れはないが…もしこれで汚屋敷だったりしたら、どう育っていたんだろう―。なんて考えちゃう。
 今自分が捨て魔だし、整理魔なわけだけど、反面教師でそうなるのか、はたまた汚部屋住人になるのか。
 他人事ながら受け継がれた環境や生活習慣に、抗う人のお話は興味を引きます。そんなコミックエッセイ。

 しかし驚くべきは結局最後まで、この母親の汚屋敷体質が治らなかった事。家も片付かず、著者とは喧嘩別れと言う、予定調和無しのラストなのです。
…なんてリアル…。
 この母親は、『綺麗にしたいけど出来ない』と言うタイプでなく『とにかく捨てるな、使う!』と掃除してくれる人を怒鳴りつけてくるタイプだったのです。これも怖い。世の中に、勿体ないはいいとして、掃除をしてくれた人に文句を言う人が居るとか。(明らかなゴミを捨てただけで、です。)
 これはもうどうしようもないわ…。著者が匙を投げるのも致し方なし。
 中でもう勝手に捨てると言う戦法があったのですが、著者の度胸も大したもんだと思う。

 この母親、こうなってくると病気の疑いがあるらしいんですが、何にせよいずれ自分が片付けるとなった時に、物質の量だけでも単純に怖いものですよ。
 負の遺産を次世代に遺して行っちゃいかんね。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック