元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
くれなゐの紐

 表紙絵が美麗です。
まぁ最初はあらすじで選んだのだけど。

 時は大正、女たちだけのギャング団に、姉を探しにやってきた少年が、女装をして入団。
団長は逆に男装の麗人だわ、女たちは見目麗しくひと癖もふた癖もあるような者ばかりだわ―。
 彼女らは女ならではの方法で、摺りに物売り…と表の世界では生きていけぬ身の悲しさを背負ったまま、過酷な世界を生き抜いているのです。
 もうこの設定だけで耽美な世界を妄想するのですが、一昔前のやたらと大人を意識した芸能界の少女たちを思い浮かべるド迫力。(今の芸能界の幼っぽさとは正反対だね。)
 何せ下は12から、上は21までと言うギャング団で、二十歳そこらでこんな切った張ったの胆の座り様。怖いわぁ…。
 生き急ぐかのようなまさに徒花の乱舞する中、暴力あり、抗争ありと話は進んでいくのですが、女ならではの悲哀がそこかしこに。それでいて普通のヤクザものと同じくらいに熱く、激しく、一人一人の生き様がぶつかり合います。
 自分なりに貫きたいものが、違う者から見れば道理に合わないものだったりと、出て来る女たちの矜持は一人一人違って、また堂々としていて―。

 流される様な添え物の女はこの物語には出てきません。
ただ誰が最後に笑うのか、と言った所でひとり以外は敗者なわけで、一人一人のハッピーエンドは望めません。それどころか勝者すら、決して幸せとは言えない先行きのラストです。強いと思っていた女が弱く、逆も然り―。
 主人公の少年は、姉を追い、女たちの生き方に触れ、どうしたってすべて救えない状況の中、やれる限りを尽くすといった答えを出しました。
彼を主人公とし、姉を追い姉の答えを知りたかったと言うこの本の道筋は、綺麗に締められています。
 ラストの彼は、序盤の頃と比ぶべくもないしっかりと自分の足で立っている姿で、こんなにも闇の中を歩いていながらも清廉なのです。

 読み応えのある一冊。
あんまり見ない気色とジャンルの本だと思います。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック