元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
つまみ食い本13

 しまったね、シリーズ物の途中だね。
とは言え同キャラ別事件的な探偵もの。
単純に取り扱う謎が面白そうだったので手にしたんだけど、正直最後まで読めず。
事件は魅力的だったんですが、キャラがいまいちハマれないのと、絶望的なまでに『囲碁』の知識を必要とするところです。(そもそも探偵主人公が棋士。)
ぇぇ~…、盤面がイラストで解説されてるよ…。
それどころか、一章(?)まるまる囲碁の知識披露みたいなものがあり、序盤で萎えた。
知れば深い理解と面白さがあるんでしょうが、知っていなくても純粋に推理物を楽しめる本が良いです。
ちょっとパスさせていただく。

 単語から歴史から、教養と思われる単語をさらっと説明する―事典でしたわ。
うわー、これは…。
読んでおられず。
ただ、妙な所で感慨深かったのは、これだけの事を一般知識として持つべき(ひとつひとつはそのジャンルで標準知識なんだと思う)事柄が、こんなにあるのか…と言う世間に対する広さの再確認。
実際は自分の得意ジャンルが詳しくて、興味ない事は全く知らないと言う人間が大半で、これを大まかに全部水準以上に説明出来る人達はそりゃぁ教養がある…と言うか博識と言われると思いますよ?
とっさにこれを聞かれると想像すると、身震いしちゃう。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック