元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
世界ミステリ全集 15

 モンティエ著の『かまきり』を読んでみたくて。
ううむ、しかし一度通りで読んでみたけど、いまいち面白さが解らず。

 内容的には保険金殺人を企む妻は、わざと若い女子学生を教授である夫に近づけさせ、不倫をさせる。
さらに妻の愛人である男をその女子学生に求婚させ、なんやかんやで2人は結婚。
そこから仕組んだ上で夫と女子学生をまとめて殺して遺産生活…を目論んでいる。
 最初からこの目線で進んでいるわけではなく、女子学生目線が序盤のメインなので、いきなり凄い状況だなと読み進めていくのですが、最終的には何というか、この妻と女子学生に妙な繋がりが出来てしまい、どいつもこいつも結局幸せには終わらない話なわけです。この場合のタイトルの『かまきり』はメスの養分になるオスのイメージなのか、金は手に入れたもののほとんど意味がなかった妻に対する自滅的な意味合いを込めているのか、謎。

 短い段落で主点が目まぐるしく変わるし、終盤手紙のやり取りなので、今までのリズムと違い、どうもスムーズには読めませんでした。合わないな。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック