元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
捨てられない服の片づけマジック!

 最初に言っておくと、個人的に相性が悪い本で文句たらたらの感想です。が、これは確かに捨てられるなぁと言うある意味タイトルに偽りがない所は評価出来る本。
とにかく大人ならもうこんな服はダメだ、あれはダメだ…のオンパレードで、も、もう何も着れないよ!となって捨てるしかなくなる感じ。
(…が、『実際に着て見て自分で判定!』とも言うんで、結局このダメ出しも個人差の問題なんじゃないの?と言う域を出ないのはどの本も同じね。)

 ポイント自体は結構ダイレクトに事細か。
大人なら、と言う部分が強調されるけど、ジャケットは必ずしもたくさんなくてもいいと言った次に、本人はトレンチコートを10着も持ってたり、さらにその次にジーンズをコレクションしていてもあれは元々作業着だからだからどうだとか、Tシャツも元々下着だから…みたいな発言も―。
ううーん、トレンチ10着の方が私にはわからん。
 元がどういう発祥の服でも、今現在受け入れられている意味の方が大事なんじゃないかなぁ。
キャミソールとか、浴衣とか、ハイヒールとか昔の定義で扱う人も今いなかろう?。
 一方で昔と違って化繊も良いものが出てきた、天然素材はすぐにみすぼらしくなるから拘るな、なんて話も。
どうも昔と今と、引き合いに出す部分に一貫性がない気がしてなぁ。
ポイント自体は問題ないけど、理由付けの説明が引っかかるのよね。

 他、スポーツウェアだの、白シャツの似合う中高年はいないだの…。
基本カジュアルをNGにしている様ですが、大人と言う枠で判定しているので、今の時代、ファッションってもう少し自由かな、とも思う。
勿論モデルを参考にしても仕方ないのは同意だけど、それって逆に若くても…似合わない人も居るって意味でもあるし。
 これは服のチョイスの仕方が問題なんじゃなくて、自分のルックスが崩れていくから誤魔化せるチョイスが減っていくと言う方向の問題なんだと思う。
 いやぁ、でも上品な服って、お出かけならいいけど、それで毎日生きていけるのかな。楽ダラな服も否定されてるけど、オンオフ切り替えって要ると思うので、例えオン系の人でもオフ系服は要るだろうに。
全体的にオン系に傾きがちで、生活が違うとまるで参考にならないレパートリーかと思います。

 色々書いてますが、タイトルに偽りなく荒療治にいい本ではあります。
手持ち服をけなされてナンボ。捨てられない服ってのは、本人の惰性やこだわりで『置いているけど本当は捨てたい、でもふんぎりが…』と言う状態だからこそ『捨てられない服』って言うんだと思うし。
 本人も心のどこかで要らない、邪魔に思ってる服の後押しをするにはこれくらいきつく言わなきゃ駄目よね。
自分もぐぬぬ、となりながら考えてみたわ。
 単純に自分で服の整理が(上手いか下手かは別として)出来てる人が読むと、ここに出て来るダメ認定された服がクローゼットにある度に、ピキピキきちゃうパターンだろうな。選択した上で残ってる服なのに、それすら否定されるとねぇ…。
 毒にも薬にもなる一冊。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック