元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
ドールハウス大図鑑

 ビジュアル図鑑だな。
 何故か最初にこの本の作り手は初老の日本人男性と思っていたが、初老の外国人女性でした。翻訳と言えども何故ドールハウスに男性をイメージしたのやら?多分、コレクター的要素を嗅ぎ取ったんだろうな。
この本、ドールハウスを愛するあまりに行きついた感じがするもの。
 しかし著者は先にドールハウスの歴史を調べるのが趣味で、あとからドールハウス収集にも乗り出したと言う遡流派異端者。このジャンルで書いてる本は当時なかったから作ったとも言える。
 数々の写真は、所蔵物だけでなく美術館収蔵とかも混じっていて、詳細ではっきりくっきりと資料として価値のある状態だと思います。
 ラストに、もしドールハウスをコレクションするなら…と言う目利きの指南もあるので、おもちゃとしてでなく、アンティークコレクションとしての意味が濃いかも。

 でも元々ドールハウスは先に美術品、その後学習用品、そしておもちゃと言う流れだそうで、ちょっと興味深く感じた。
 そして、当時の人々は今の暮らしぶりや風習を残すために『現在進行形』のドールハウスを残したらしいのですが、未来である今も、作られるドールハウスは現代の家でなく、その当時のアンティーク感溢れる調度の家。
浪漫を求めるものになっているのねぇ…。
 ちなみに時折日本のもの(ドールハウスと言うより民芸品的な家の模型)が出てきており、日本の物は珍重されたらしいのだが、あれらをドールハウスと見るのか…と不思議な感覚に。
 重くて大型の本ですが、眺めているとドールハウスをそのまま見ているのと同じに、妄想に浸れる本です。
バスルームに配管が通っていて実際に水が出るとか、日本のプラスティックのおもちゃでなく、タイルや木を使って実際に寄せたやつで出来るなら、相当興奮するよね?
 リアルなドールハウスは惹きこまれるわぁ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック