元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
寝押し
 一度革鞄を洗うのを覚えてから、もはやどんなカバンを洗う事にも躊躇が無くなってきたのですが、そんな私を困惑させるカバンが現れた。
 サブバッグなんですけどね、これがいわゆる帆布でまた分厚いもの。頑丈で良いんだけど、染色がナチュラルに禿げるのが結構難点で…。
まだ洗う前ですよ?
 百歩譲って使ってナンボの鞄なのでそれは良いとしても、この間とうとう中でお茶が浸み出したようで、うっすらと茶色いシミが付いてしまう。
 洗うと染色が抜けないか心配だったのですが、それは本体が禿げるよりも洗濯機での色移り。
仕方なしに手洗いにしました。
 するってぇーと、石鹸擦り洗いの割に何故かお茶の汚れはすっきり落ちず、かつ…とんでもない皺が寄るのです。
…ぇ?こんな固くて分厚いカバンに、皺、寄るの??(゜_゜;)
うわー、マジかぁ。
 またこれが手で伸ばせるような布じゃないから、いくらびしょ濡れで干しても皺は戻らず。
これはアイロンが要る。
面倒臭い。て言うか、

うちにはアイロンがない。(不思議)

 これはアイロンが必要な服を買わないと言う事を繰り返していたら、本当にアイロンが要らなくなったと言うだけなんですが、とにかくないんだ。(大抵のものは干し方でどうとでもなる。)
パリッとした糊の効いたシャツとか肌に痛いから嫌いだしさ。

 そこで日本古来の技、寝押しってどうなのかと試してみる事に。
布団の下に引いて痛いレベルの帆布鞄ってどんなもんだと思いながら、一昼夜。
 確かに…うん、確かに若干皺が伸びたわ。寝押しって効果あるんだな。

 でもまだまだ気持ち良くは使用出来ない感じ。沁みも何故かしら取れなかったしなぁ…。
 色落ちと言い、ちょっと扱い考えた方が良いカバンの様です。まさかこんな落とし穴が潜んでいようとは。
とりあえず諦めてアイロン(家族の家で)かけてみるかね…。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック