元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
しらんぷり

 うん、でかい本だな…。ちょっと読み辛い大きさでした。
 ほぼ字の少ない絵本ですけど、中身的にはテーマは重くて、いじめ。それも見ていてしらんぷりをする主人公と言うやつです。
ストーリー的には定番中の定番なので、このタイトルで察しろと言う話なんですが、通常の流れと違う所は、いじめられっ子はとうとう救われなかったと言う所。
…ぇええええ…。

 むしろ、主人公がしらんぷりした後悔をどう乗り越えるかの方がメインストーリーで、まぁ、自己満足、自己欺瞞の影がちらつく、そう言う意味でもどんよりする展開が続きます。(勿論大正義はしらんぷりするな、いや、最初からいじめるな、ですが。)
 口出ししたら次は自分が…と言うあれは、実際の所、自分に対しては何が嫌な気分になるんでしょうね。
目を付けられるから仕方なく…の中には、自分がしょせん虐げられる側の弱い方だと言う認識をせざる得ずそれが突きつけられたプライドの痛みなのか、はたまた言葉通り保身の話で関わりたくない一心、果たしてどんなものが含まれているんでしょう?
 
 さて、痛むものを良心と呼んで綺麗に処理しちゃう前に、いじめられた子への気遣いよりも自分の心のケアを考えなかったか?そんな心情が根底にないのか?
 大体かばうタイプの人間だって、腹が立ったから、とか絶対に『自分の気持ちの持っていき所』を考えた結果その行動になっているだけのはずで、『まず自分の事を考えた』にも色々あるわけです。
 そして『可哀想』っていうのだって、決して相手におもねるものでなく、自分の責任においてとらえるものでなければいけない。
よくお礼を言われて「自分がそうしたかったからそうしただけ」と言うのが有りますけど、あれが正解だと思いますよ。感謝する気持ちは良い事ですが、やる側は絶対この『自分が』を忘れちゃいけない。他人の為でなく、自分の心のためにやるんです。
 情けは人の為ならずは常に深い言葉。
自分の事をまず考える。それ自体は別に悪いわけではないと思います。
 誰かがそうなった原因はどこにあるのか知らないけど、今この状況で自分が助ける事にしたも、しらんぷりする事にしたも、全ては自分の中のそろばん勘定の結果だというだけです。
 だからこそしらんぷりの中には、自分の納得いくような行動がとれなかった時の苛立ちが含まれていると思います。
…まぁ見ただけで何もしてないのに攻められると言うのは重い話だし、巻き込まれりクスも高すぎますけどね。(その意味でも集団生活の中でトラブルメーカーがどれだけ迷惑になるか、怖い話でもある。)
 このしらんぷり、本来なら周囲が攻めるべき案件ではなく、内省的な話なのだと思いますが…。
そこが啓蒙ってやつかな。

 この本はそれをきれいな言葉で誤魔化さず、追求しています。
『少年は良心が傷んで反省しました』なんて簡単な話じゃないのね。
 少なくともこの本に出て来る登場人物達は、皆居そうなタイプで、それぞれが違う人間として、綺麗事だけに終始せず、自分の心を守るために行動する。『自分の事』を考えている。
利己的だったり、根本から違う考え方をする人間も当然たくさんいます。
 この『誰か一人の善悪によって』のみ世界は構成されるわけでない所が、また色々考えさせられちゃうね。

 そして『自分の事』を考えた結果、『行動』出来ている人間が、良いか悪いかは別にして立場に関係なく強く見えた。
 この話、実はいじめられっ子が最終的に一番高潔で心が強い子だった気がします。自分なりの形でケリも見切りも付けたし、新しい道へ踏み出してる。勝てなかったけど、渦中で動いたし、またその後も動き続けている。
 これと対比すると、主人公やいじめっ子らにはうじうじしたものを感じざるえない。
 そう言った『弱さや強さとは何か』を考えるのにもいい本かも。

 一冊でとてもたくさんの考え所がある作品でした。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック