元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
いたずらおばあさん

 まぁ純然たる児童書だろうと思い手にしましたが、その通りでした。
紛う事なき児童書。それ以下でもそれ以上でもない。
いや、これ、褒めてます。
 余計な色気を出さずに、子どものために純粋な語りでお話が練られていて、読んでいて安心して楽しめた。

 お話としてはおばあさんが主役と言うなかなか面白い視点で、洋服研究家の先生が主人公です。
彼女は着ると若返る服を開発してしまい、弟子のもう一人のおばあさんと一緒にその服を着て、8歳の女の子に戻っていろいろやらかしちゃうと言うもの。
 この『やらかす』のも、心はおばあさんだけど、体が子供になると身も軽くなって、いつの間にか心も身軽に、子どものように純粋な気持ちになってくる上でのいたずら心。
知恵や度胸はそのままですから、なかなか普通の子供には出来ない事をやってのけます。
 相手は結構な酷い目にあるんですが、これは『大人から読んでいて、酷く恥ずかしい目』と言い換えてもいいかも。
 子どもが考えると、こんなやつ、いたずらされて当然!とかこれくらいのいたずら、と思える感じなのですが、大人として『もし自分がこれをされたら…』と身震いする程『恥』ないたずらが多いのです。
あー…大人が読んでもささるわぁ。
 感動的とか、そう言う所じゃない。子どもなりの正義があるお話ですが、少なくともお涙頂戴の話ではありません。

 鮮やかにやり込めて、キュートにしめしめとほくそ笑みあう二人のおばあさん。
ラストも綺麗なもので、子どもの心が残っていれば、体は老いていてもキラキラしてるよって言う空気が良い。
このあたりでグッとくるのも大人の読者かと。
子供の頃は子供の頃の良さなんて、自覚がないもんね。
 子どもはいたずらの爽快さを、大人はその裏側の『大人の子供らしさ』を、楽しめるお話だと思います。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック