元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
旅のくつ屋がやってきた

 旅のくつ屋がやってきて、宿屋の息子の主人公は、彼と仲良くなるのだけれど、くつ屋は何かしら怪しげな行動をとっている。
町のあちこちを調べてはメモを取って―。
 もしやくつ屋はこの街を襲おうとしている盗賊で、下調べをしているのではないか、と町の住人は思います。
 このあらすじだけでは、大体それは何かしら誤解で、くつ屋は逆に凄く良い事をしていたり、あるいは不思議な力を持つ妖精だのの類で、最後にハッピーエンドと言う…のを私は予想していたのだけど、これが結構とんでもないシリアスな話で。
道徳の授業かと言うくらいに、考え込まざる得ないシーンがたくさん出て来るのです。

 まず、実はこの町の半分の住人は、実際にかつて盗賊に町を襲われ逃げてきた人々。
放浪に放浪を重ね、ようやくこの町だけが彼らを受け入れてくれたので、この町に迷惑はかけたくない。
 主人公の父親、宿屋の親父はこうしてこの町に入ってきた住人達側。
主人公は初めてそれを知る。
 そしてその逃げてきた人々は、もしこの町を盗賊が襲いに来たら、自分たちがこの町を守ると固く決意して日々気を付けて怪しいやつが居ないか見張っていた。
何故なら盗賊たちは、逃した住人を追い続けているから。

 え?なんで追われてるの?と思いきや、実はこの住人達、結構知恵者かつ転んでもただでは起きない人たちで、町を襲われた際に首尾よく先に町を放棄して出て行って、盗賊らが町で祝杯を挙げている最中に上流のダムを決壊させ水攻め、盗賊の大半を殺してやっつけているのです。
 自業自得の上、賢い自衛行為だったと思うのですが、盗賊は逆恨みで、何十年かかっても住人らを探し当て、復讐してやると追いかけてきているらしいのです。
 だからくつ屋が盗賊なら、仲間を呼び寄せるだろうから、それを阻止せなばならない。
 主人公はすぐに、それはくつ屋を、この町から生かして出て行かせられないと言う意味だと気づく。(相変わらずただでやられない意気込みですが、まぁ頭がお花畑過ぎて略奪や暴力に晒されてもね…。
 地続きで土地を取り合っている歴史が繰り返されているような国だと、当たり前の考えだと思いますし、そういう下敷きがあるのかな?と思ったのですが、あら、普通に日本人の作品でした。ちょっと珍しい展開だな。)

 主人公及び、一部の人は穏健派で、とりあえず盗賊と同じ様に罪のない人を襲うのはいただけないと、くつ屋が一番心を許しているであろう主人公に、『くつ屋が白か黒か』判定してもらおうと相成る。
今度こそ白判定かと思ったのですが、お話はまさかの黒に近い灰色の流れに―。
 凄い展開です。

 くつ屋はしかし、盗賊の命令で何十年も住人たちを追ってきたが、いつしか盗賊の里も消え、自分が何のために旅をしてきたのかわからなくなった。そしていつの間にか自分はくつ屋に『なっていた』のだと少年に告白します。
 しかしそれは物語として巧妙に聞かせたもので、少年は正面切ってくつ屋が盗賊かどうか、聞くに聞けなくなるものでした。
 はっきり言って会話の内容は、もうくつ屋が盗賊だと言っているわけですが、この話に嘘があって、盗賊達はまだ生きていて襲ってくるのか、それともくつ屋は盗賊を止めてくつ屋として生きて行きたいのか―ここら辺を主人公は正面切って探り出す事も出来ないがんじがらめの状況に陥ります。
 恐らくはくつ屋自身、主人公にすべてを任せ、裁かれる事を望んだのかもしれません。
 次の日、何もされずに住人たちに旅に見送られるくつ屋。
くつ屋はきょとんとして、見送る方、見送られる方、お互い複雑な気持ちで別れるのです―。

 これ、お互いがお互いを探り合いながらのエンドなんで、決してハッピーエンドじゃないんですよね。
私はてっきり、くつ屋になりたいと言う男を、この町に迎え入れると言う最高ハッピーエンドになるんじゃないかと一瞬思ったのですよ。
 ところが、それはなくただ、放免されたのみ。
もしかしたらこの後盗賊が来るかもしれないし、来ないままかもしれない。
 くつ屋はこの先どこに行くのか?果て無い旅に絶望しかけていたくつ屋に、住人は少なくとも安住の地を与えませんでした。
 或いは、盗賊たちは生きていて、ただ、この街の住人が今も気を許さずに盗賊の事を見張っていると知り、復讐をあきらめた―?
この、縁の断ち切り方と言うかぷっつりと終わった話って、非常に不安を誘います。
本文自体に、『どうなったか解りません』として終わっているんだもの。
うわー…。
 この作品、ところどころに闇が落ちてるよ。

 そんな中、それでも主人公の心根は素直で、この状況や出会い、周囲の人間すべてへの気遣いや心苦しさ、そんなものを胸に揺らがせながらストーリーを進ませました。

 後味が凄く残る本。
これは何歳で読むのが妥当なんでしょうね?大人が読んでも心ざわつく本だよ。(一応小4くらいが対象の様ですが…。)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック