元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
洗えば使える泥名言

 あー、いつ見ても西原氏の本は気楽に読めていいわ。時々ドキッとするような事書いてるんだけど、もう世界が違う過ぎるからそういう意味で流せるし。
 しかしタイトルの紆余曲折がなかなか面白く(カットでさらっと言ってるんだけど)、元々『泥だらけの名言』だか『泥まみれの名言』だったらしく、そんなのは恥ずかしいと反対しまくってこれとか。その理由が、尾崎豊みたいだからとの事…。ああ、なるほどそう言う感じの言葉か。かっこよくって恥ずかしいと言うのもアレだけど、よく尾崎が出て来るな…。(西原氏的には『翼の折れたエンジェル』くらいのこっ恥ずかしさらしいよ。)

 さて、見開きくらいの分量でひとつひとつ『誰かが言った言葉』がエピソードと共に書かれているんですが、確かに深いわ。(でも例えばTVの『深イイ話』なんかは全然琴線に触れないんだがな。何が違うのやら。)
 ただし、いくらなんでもそれはダメだろと言うエピソードも割とあり、決して自分の生き方と比較するもんじゃない、西原氏の軌跡だからこそ活きて輝く言葉の数々なんだと思う。
 あと、洗わなくてもいい。洗うと恐らくわざとらしくなるからね。

 最後の方に、死んだら生きてる人間に勝手に色々捏造されると言うような話があったんだけど、例えばこの人なんか、後世にどう評価され、説明されるのか、非常に興味深いです。

 西原氏の本は、忘れた頃に読むのがいい具合の濃度だなと思います。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック