元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
寿命を稼げるお手入れ
 所持品向い合いシリーズ、服の次はカバン。

 二つあるお気に入り革バッグの内、ひとつは水で輪染みが、ひとつは擦り傷が目立ちます。
擦り傷…はどうにもならんけど、輪染みなら―理論的にも一回濡らして均一に乾かせば取れるはずなんだよな。
 て言うか、洗っちまうか?これも洗っちまうか?
一度はちゃんとしたクリーニングを頼もうかとも思ったのですが、いや、くたびれ感も多少はあるこのバッグ。所持品メンテナンス月間のこの勢いで、今後の学習の為にも、水洗い行っちゃおか?!

 ―と言うわけで、革=皮膚と同じだからシャンプーでいいかね。(はい、完全自己責任の世界再び。)

…いや、思い立ってその日に風呂場に持ち込んでるもんだから、専用溶剤買う隙も待てなかったのよね。

 さて目立つのは、表面下部分、後ろ角、ハンドルの握り部分と3つの輪染み。
完璧に雨が原因です。
通勤はこの革バッグ二つでとっかえひっかえしてるもんで、雨の日に革バッグを使わないと言う選択肢がなかった。(と言うか頭になかった。)

 やり方も何も正解は有りませんので、大胆に浴槽にぶっ込んで、大胆にシャンプーで洗う。
笑える程に汚れる水。(と言うか湯。いいのか知らんが。)
はてさてこれは汚れなのか、染色が落ちているのか、判断尽きませんわよ?
 まぁ、色が全体的に落ちたとしても、今更これ以上に汚くなる事も無かろう。輪染みの斑の方が見た目悪いもんね。
 なかなか分厚い固めのカバンなんで、革に水が沁みるのにも時間がかかります。
もうガッバガバ湯にくぐらせて、シャワーでゆすいで―

形もトランクみたいなんですけど、躊躇なく洗濯槽で脱水。

(必死に洗濯機押さえてましたよ?この人。)

 さて、そのまま部屋に持ち込み、ハンガーで吊って内側に扇風機を当て、さすがにカビは生えんだろう所まで乾いたら、新聞紙を詰め込んであとはひたすらに自然乾燥。
完全に乾くまで一週間くらいとか聞きましたが、まぁそこまで待たなくてもいける気がする。
どうなります事やら、楽しみです。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック