元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
白いへび眠る島

 三浦しをんの改題本。
割と初期…の作品なのかな?彼女らしさの片鱗は見えるものの、他の作品と比べて全体的な印象にもう一歩だけパンチが欲しかった。何がどうと言う悪い所はないんだけど、こじんまりした感じ。
 勿論ストーリーも惹かれる設定だったし、十分過ぎる程ファンタジーで…って、あ、これか。
 今までこの人の作品は、リアル世界の話ばかり読んでたから、オカルトやファンタジーが入ってきた時の『半端なオチ許すまじ』の審査がきつかったのかもしれん。
 きちんとそれと分かるようにして終わらせているファンタジーで、かつ書下ろしの追加章で、完全にファンタジーを公言して完結させてるけど、恐らくこの人のファンタジーと言う飛び道具無しに現実を処理して行く力強さや機智に惚れこんでいたが故、今回もリアルな方向での解決を見たかったんだろうな、私。

 しかし島にまつわるオカルティックな設定は、この人じゃなければものすごく怪奇、ホラーとしか思えません。(何だろう、常に地に足付いた感じしかしない彼女のキャラたちは。)
 島で生まれた長男たちは、歳近く生まれたもの同士で仮初の兄弟と言う縁を繋ぐ。これを持念兄弟と言って、その絆は片方が墓に入るまで続く。
持念兄弟は互いを助け合い、共に一組の石のペンダントを持つ。
 もうここら辺で、怖いもんね。
双子屋かよ、テレパシーでもあるのかよ。(と言う疑問を調べに来ている民俗学的な大学生と言うお決まりのキャラも居る。)
 島には白蛇と娘が結婚して血を繋いだ神主一族がおり、彼らの背中には鱗が付いている特別な存在。
そして島には謎の『あれ』と呼ばれる様な化け物がおり…―。

 島の大祭が間近に迫ったとある日、主人公はこの島に帰ってきます。
ここからどんなオカルトな話が…と思うのですが、ファンタジーとは言え、基本的にはきちんと(?)人間を描く方向で話は進み、安易に不思議に逃げている話ではありません。
普通に面白いし。
 ただ、三浦しをん作品だと言われると、その中では下の方かなぁ…と。
 もうこの人に関してはどんどんハードル上げてっちゃうな。期待度が高すぎて。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック