元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
アメリカ文学のなかの子どもたち

 アメリカ文学と聞いて、何一つ「なにがあったっけ?」と答えられない私です。
…ちょっと気持ち悪くなり、このタイトルだと分かり易い所を押さえてそうだと読んでみる。
 そうするとははぁ、ハックルベリー・フィンとか若草物語、あしながおじさんかぁ。
これは有名どころでした。
アメリカのイメージなかったけど。(いや、若草物語は南北戦争だったな、確か。もろアメリカだったわ。)

 さて、内容はかなり深く掘り下げた文章で、ちょっと小難しくもある。
紹介本とか生ぬるい感じでなく、タイトル通りアメリカ文学の中における子供たちがどんな意味を持ち、持たせてきたのか。そしてその作品のテーマを探り出し、どんな部分にそれが表現されているかを読み解きます。
…うん、国語の授業が一瞬頭を過ったな。
 例えば子供が未知の冒険へ出る時、それは子供から大人へ近づくためのイニシエーションであり、そこでは性と死のどちらかに触れる事となる。
そして何かを失って、子どもは子供時代に別れを告げる―。
 意味ありげだね。
他にも家族や文化、自然など、いろんな切り口で解説は続きます。

 作品として楽しむのではなく、こうやってテーマや表現を考えて読み解いていくのって、どうも私の本の楽しみ方には入ってないようでピンとはきませんでした。
より深い理解は出来るけど、考えだすともうお話としては楽しめなくなっちゃう。
 そう思っていたら、トムソーヤの話の辺りで、『少年らは皆船乗りになる事に憧れ続けるが、いざなってみるとあれだけ魅力的に見ていた水の流れをもう純粋に見れなくなって、永遠の憧れを失ってしまう』とか解説されていた。
まさにそれだわ。
 私は、単純に『読書』が好きだから、『本を学問する』事はこの先もないな、と妙な感慨に終わった本です。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック