元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
人間臨終図巻 1

 あ、著名人が亡くなった時の記録本って、もしかして元祖はこの人だったのか?
少なくとも有名だったようです。見落として他のこれ系の本をメモしてたけど、山田風太郎が書いているなら断然こっちだな。と大まかにこのジャンルを腹八分目には食べたつもりでいたのに、おかわりもう一杯。(代わりに他の似たような本はもう要らない。)

 一応続いていくんだけど、さすがに1巻目だけで良いかと言うラインは引いておく。(だってめちゃくちゃ長くなるもん。)
 この本、何が凄いってまぁ取り扱ってる数です。
段違い―と言うか桁違い。923人と言う恐ろしい数。
…ぇ?調べたの??この人、何?作家だよね。何この自由研究…。
 さらに面白いのは、これが『死んだ年齢順』に並んでいる所。
若い順から大往生までね。
必然的に1巻目は幼い頃からまだ若い内に亡くなられた方が並びます。
その並べ方は解りやすいよね。
 「あの人とあの人は同じ歳に」、とか「あの人は自分と同じ歳で」とか、すごく興味が持てる。
 普通は歴史的に起こった順と言う時間軸を使う事が多いのに、並べ替えも大変だっただろう。
 一人一人にそう多くのページを割いていないものの、数の力は凄く、読んでいてもう目が疲れて、情報量が多すぎて…まともに読み切れませんでした。
 この発想と、調査と、その成果。
感心しかない一冊です。
 自分と同じ年齢位の所を読むのが一番面白いと思います。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック