元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
老後破産

 まぁ、このテーマですから…暗いですね。
何と言うか良い事が一つもなく老後苦しんでいる人たちの体験話ばかりなので、正直ダウナーな本。
 貯金してればいいのか?金の価値も変わります。
家族が居れば大丈夫なのか?先立たれたらどうにもなりません―。
不確定要素しかないね。

 これが現実だと言われて、目を逸らしたいわけではありません。それならば最初からこの手の本を読む事もないでしょう。
ただ、ではその最悪の未来に救いの手は、そして今から出来る対策などはないのか、それを求めて読んでみたのですが、残念ながらこの本にはその手の手段は何も書かれていません。
 がっかりしました。興味があるが故に、全のために何をすればいいのか、一のために何か手段があるのか。それを強く求めていたのに。
 この本は何のバイアスもかけていない単なる人々の体験記ルポだと思います。
警鐘を鳴らしてくれるのは良いのですが、私たちに何を求めているのでしょうか?このテーマの本なら、解決策はなくとも、せめて何がこうさせたのか、またどこが問題なのかと少なくとも敵の正体だけでも示唆してくれているものかと思いましたが…。
 読後、呆然としてだけ終わりました。
 例えテーマが立派なものでも、問題提起だけで終られると、投げっぱなしな印象しか残らないんだよね…。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック