元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
教科書では学べない世界史のディープな人々

 まぁ基本に忠実な教科書の中身すら、ろくに覚えちゃいないですけどね。
 で、ガンガン読んでいくわけですが、最初に微妙な変型サイズ本と文字のレイアウトだったのが読み辛さを感じさせてくれる。
何だろう??視線が動かし辛いなぁ。
こんな内容と関係ない所で疲れてる場合じゃないわ。

 さて中身。
ディープ…ではあるけど、チョイスと言うか、このタイトルに入れて並べると、どうしても比べざる得ない『教科書』と言うワード。
 名前と簡単な経歴だけで進むが故に『圧倒的な数』の人物の掲載がある教科書。それと張るには掲載する人数が、あまりにも不足すぎてお話にならない―と思えちゃうんですよね。
 勿論このタイトルはそこを対比させてるわけでないんですけど、なんか如何にも『教科書では学べない有名人のディープな話』とか『歴史を蔭で動かした人の話』とか、勘違いされて期待されそうなタイトルじゃありません?
 『教科書』を逆手に取るタイトルはキャッチャーかもしれませんが、これ、詰まる所『そんなに有名でない人たち』の話という事です。

 ではどれくらい『深く狭く』か、と言えば確かにそうなんですが、恐らくだからと言って一人一冊書くには圧倒的に量が足りず、何人かまとめようにもテーマが一致せず…正直この寄せ集め感が『雑学本』のジャンルを匂わせます。
 これ、毎回毎回の歴史コラム寄せ集め、とかならまだ分かるんですが、多分書下ろし(?)と思うんですよね。
何と言うか、最初からこの形を完成系として組んだのなら、一冊の本としては帯に短しタスキに長し感が…。
 内容が悪いと言うわけではありません。
ただ上記のような理由で、非常に中途半端な読み物なのです。
 私的には、さらっとした雑学本も好きだし、とことん型の伝記、歴史本もドラマティックで好きだし。
その中間は…うーん、不完全燃焼感が出てきちゃうかな。
物凄い個人的な合う合わないの話なんで、下らないとかそういうわけじゃないんだけども。
 一番いいのは、大まかに書いてるんで気になった人が居たら細かく調べてみるといいよ、と言うガイド本扱いかな。

 一人一人の人生は、これだけ人の一生を波乱万丈に高密度で紹介するのだから、何かしら興味深いものばかりです。
ただし、他の本でも読んだようなそれなりに名の知れた人も居れば、逆に歴史の狭間に埋もれていそうな人も居るので、特にこれが世間的に言う所の歴史の勉強になるかと言わばまぁ蛇足も良い所でしょう。
 完全に趣味でその時代が気になるとか、世界の文化の昔を知りたいとか、そう言う興味を『こういう人が居ました』の中に解を求めたい人向けの一冊。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック