元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
マスラオ礼賛

 ヤマザキマリさん。
彼女が好きな古今東西の男たちを紹介するエッセイ集。
 例えば彼女はスティーブ・ジョブズの伝記漫画を描いていて、それは途中巻まで読んだ事があるんだけど、そのジョブズの事も書いてありました。
あの漫画読むと、ジョブズってちょっと…とモヤモヤするんだけど、この人、基本的にダメ男が愛の対象なのね。
 何と言うか生活能力のない男。それをマンマミーア!の精神で魅力を感じる様です。
ああ、確かにこの人の描く男性って、何かしらそう言うのが滲み出てるよね…上手く説明出来ないけど。

 この本、列挙された人の中に『ノッポさん』とか『マルコ(母を訪ねて…の)』、果ては『トム(とジェリーの)』まであって、なかなか独特の、世界に開かれた感覚の持ち主なんだなぁと言う思いで読みました。
十代の学生時代から海外一人旅とか、ほんま開かれ過ぎな生き方…。(なお、彼女の祖父の事も書かれている。)

 少しは絵も見られるかしらと思ったけど、基本的に人りづつのワンショットのみでした。
コミックエッセイ風のイラストがもう少しあると良かったなぁ。絶対このテーマとあの人の絵は、合うもの。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック