元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
家事がしやすい部屋づくり

 最初にほほぅ、と思ったのは、2K団地で2人暮らしと言うこの下地。
…いいね。庶民の味方だね。
 この見た瞬間解る団地感のある室内写真に、綺麗事だらけのイメージ戦略本じゃないと思わせてくれる安心感を覚えます。

 実際、この面積で2人でと考えるとめちゃくちゃすっきり片付いたお家だと思います。
物の密度が気持ち良いすっきり具合だもの。
 これ、同居人が一緒にやってくれる、また散らかさない、基本的に視覚密度の感覚が同じ程度の人だから成り立ってるんだろうな。羨ましい。(あと持ち物量の多くない人。)
 うちなんかは同じ家に居る人と密度に対する共通認識が出来てないから、完全に好きに出来るのは自室だけだもんね。
(作者さんはこれを話し合った上で確立しています。素晴らしい。)

 家事が『しやすい』かどうかは使う人次第ですが、作者さんがどういう風に動きたくてこういう工夫をしていますと言うのを、完璧にノウハウとして自分の中で持っていると言うのが伝わってくる本です。
むしろこの本を読んでの感想は「ためになった~」よりも「気持ち良く生活してるなぁ」とニコニコしちゃう感じでしたもの。

 ところでノウハウ本は、読者側の注意点として、『取り入れたいと思い、実際に取り入れられるものだけ』を選ばないとダメですよね。
どんなに優れたノウハウでも、自分の性格や環境に合わないものはあるわけで、「真似出来なかった自分はダメダメ」とか思っちゃったら勿体ない。
ひとつだけでも身になれば儲けもん、と思って実用書は読んでいきたい―。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック