元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
悪いお姫様の物語

 ファンタジーやないんやで。
実在、歴史上のお姫様たちの物語。
 前に読んだ城の本と話が被っている所もあり、より一層実情が知れた感じです。

 前置きからこの著者さんは今の少女たちがただ煌びやかなドレスや宝石を付けて、丁重に敬われるべきと考える『プリンセス(になりたい)病』は憂うべき事態と考えておられるようで、お姫様はそんな座って微笑んでりゃ済む世界じゃない!と一喝。…わぁ、幼女に厳しい。
 そりゃこの考えをハイティーンくらいでも持ってるならヤバいですけど、小さい女の子は許してやってよ…。(世間からの植え付け が、女の子を形作り、王子様を待つだけ、選ばれて当然と考えるようになるのがダメらしいです。この『選ばれる』って思想ですね。フェミニスト的な話かしら。)

 所がこの本のお姫様たちは受け身どころか、自分から時に男どもを(自分の子供まで)利用、抹殺して権力を握った方々です。
まぁ最初から権力闘争のための駒として使われたり、或いは下級身分からのし上がるために体を使って愛人から始めたりと、そうなってもおかしくないかと言う話もあります。
 ただ、浪費だの浮気だのの話も当然多く、こう言うのは男女問わず反感買うわなぁ。
無理やり結婚させられた点を考慮しても夫以外、被らない様に一人にしとけと。
 あとは拷問や残虐な逸話も、意外と多いんですけど、こう言うのは後世に『女が生意気』とか都合の悪い本の書き手や作り手に針小棒大、中には無かった事まで書かれている可能性が高いらしいです。へぇ、なるほどなぁ。(美醜についても幾分大げさにね。)
 事実、彼女たちが残した偉業などの痕跡を消されたり、墓に刻まれなかったりと差別はあったようで。
 しかしこれ読んでると古今東西、王家はどこもかしこも血生臭いな。
あと恋愛ゴシップ多すぎ。

 お話としては出来すぎたくらいに、男装の姫とか、プリンセスだと嘯いていた詐欺師だとか、興味深い話もたくさん載っていました。
気になる姫君を、調べてみるのも面白いかも。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック