元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
城と宮殿でたどる!名門家の悲劇の顚末

 なかなか凄いテーマの本だと思いつつ、こう言うのも伝記になるらしいよ。
まず建物ありきで、そこの持ち主が、そんな立派なものを建てて、その後どうなったかと言う話。
タイトル通りに悲劇ばっかり集めた本だけどね。
 ノイシュバンシュタイン城とか、世界で一番きれいだと思うんですけど、実情が結構えげつないのね…。
聞いていてこのバカ城主!と思いました。
うん、血生臭くないのだけましだけど。

 血生臭い編は本当に呪いの城で、おまけに数が多い。
まぁ権力集まる所、暗殺、拷問、陥れ合いのるつぼだもんなぁ…。
 たまーに巻き込まれ型の人が居て可哀想です。
 ずっと女城主ばかりの城とか、そう言う話も聞いていて面白かった。

 城と言えば外面しか見ないけど、こうして成り立ちとか聞くと、イメージ崩れる半分、本当の城の意味を知らされたようで見解が広がるな。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック