元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
連続殺人鬼カエル男

 蛙のせいか、『ミュージアム』を思い出してしまう…。

 さて、意外に物語はシリアルキラー的なイメージよりも、淡々とした別々の殺人が、結果連続殺人になっている思えて不思議な感じ。(あくまでも作中は連続殺人の話です。読み手の感じ方の話。)
何と言うか、被害者に繋がりや共通点が見えないのね。犯人は確かに同一人物だろうけど、狙っているように見えないので怨恨とか、陰惨なものを感じない。
(後々ああ、連続殺人に見せかけたあれか…と言うこの雰囲気が解る仕立てではあるんだけど。)
 むしろ、グロ…と言うよりも暴力描写がメインっぽくてちょっと嫌だったな。
いや、死体は勿論グロなんですが、そこよりも生きている人間同士の暴力が詳細かつ丹念に(なぜそこまでページを割くんだと言うくらいに)書かれている。
おかげで肝心の事件の解ける様とか、殺人鬼の方の話よりも暴力沙汰ばかり記憶に残る。
 うーん、書きたいのは何よりそこなんだろうかと思えるくらいの勢いと配分だと思っちゃったわ。
 特に警察が暴徒に襲われるシーンと、犯人と主人公刑事のガチバトルシーン。
痛いなぁ、痛い。
 殺陣を文章で説明するかくらいの書き込み密度なんで、逆にその密度を事件の解ける流れや、主人公の推理、ひらめいた過程などミステリー部分に使って欲しかった。アクションシーン以外は割とさらっと流れてるからね。

 そして分かり易いほどのミスリードで犯人を描いてる部分は、犯人が逮捕されてからもどんでん返しが来るだろうなと言う予測を裏切らずきちんとどんでん返し在り。
どんでん返し前までも普通にハラハラしつつ頁は繰れますし、むしろ分かり易さの意味で褒めてるつもり。
 叙述トリックと言い、ミステリー好きの読者が想像するだろう所に落ち着く部分は、意外性はなくとも安心して読める、それでも読ませる構成だと思った。
―のだけど、これ、もっと入れ子細工のお話でした。
さらに、その先があった。
 …うーん、確かにそれでようやく思いも寄らぬところに落とし込めるんだけど、正直この手前で止めてた方が、新しさはないものの、綺麗に終わった気がする。
だって、そこまでの入れ子犯罪…可能性、すごく低くならない?ちょっと無理な流れかなぁ…なんて。
 人によると思うけど、ラストのラストは、私は無しでも良かったかなぁと思った。
ただ、締めのオチ自体の皮肉さはニヤリと出来るけどね。
 総じて読み易く、一気に楽しめる一冊だと思います。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック