元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
第三の時効

 何これ、面白い。
どうやらシリーズ物の第一弾のようで、刑事ものです。
短編連作なのですが、お話の登場人物は大体続いていて、某警察の某課…というのがメインですね。
 しかしこれ、各班長キャラたちやその上司やら部下が立っていて、非常に味がある。
どの人も主人公にしていけるだけの個性的、かつ凄い解決を見せてくれるので、いちいち短編一本一本が豪華すぎます。
毎回手抜き無しのTVシリーズみたいなんです。
しかも必ず毎回唸らせるものがあるとか、凄すぎない?
 タイトルの時効の話もそうですが、手口や、因果、必ずテーマがありつつ、思いもよらぬオチが待っている。
難を言えばやはり舞台が警察とは言え、そんな事案が良く転がっているもんだと言うイベント過多具合?
 や、事件は解るんですけど、人との繋がりや裏切り等、濃度濃過ぎでかなぁ、と。
名探偵のある所殺人あり、みたいなやつ。
ここら辺同一登場人物ものの永遠のテーマですわなぁ。
 シリーズ物という事は続きがあるという事で、そんなに推理小説はがっつくジャンルでもないのですが、普通の作品としても読みごたえがあるので、機会があれば続きも良いかなと思います。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック