元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
栞子さんの本棚 ビブリア古書堂セレクトブック

 ビブリアシリーズは人気の声を聞きますが特に食指が動かないままで、何故か作中に関連深い作品を集めたセレクトブックだけを読むと言う。
いや、中の短編のいくつかが、ちょっとだけ読んでみたいものが多かったんだよ。
うん、文豪の辺りね…。
 気になるんだけど高い確率で一冊読み切る程自分の好みじゃないだろうと予想しているので、ちょっとだけ、ほんの一篇だけお試ししてみたかったの。
まぁ案の定と言うか、全然肌になじまなかったわけですが…。

 何と言うか、だからどうしたと言うあの文学特有のオチ無し感がやっぱりダメで、特にこれは短編は全部分だけど長編は一部抜粋と言う形がダメだったのか、不完全燃焼感がすごい。(え?一部なのかどうかは書いてくれてないの??え?)
 おかげで本当にそこで書き終ってるんだか謎のまま。ほら、文学って突然終わったり、未完のが多いから…。
『蔦葛木曽棧』なんて、どうなるんだこれ?と言う始まってすらいなさそうな所で終っており、一部かなぁ…ともやもやしていたら、本編自体も普通に未完らしく、手を出していたら危なかった…。
 あらすじ的にはほとんどの作品、もやもやしたまま流し読み。名作と言われている(らしい)『それから』はもうだからどうした感で心の持って生きようがないし、『晩年』はだらだらと突拍子もなく続くし…。(でも意欲的だなぁとは思った。斬新。)
 そして詩もダメな事に気づく。…ははぁ、文学だけでなく、詩にも反応しないのか、私ったら。
もういい加減、文学コンプは諦めるのがいいな。

 むしろ海外作品の方に目を見張るものが多かったです。
『たんぽぽ娘』が可愛らしくてかつ切ない、でもハッピーエンドと言う素敵な作品でした。
『ふたり物語』はあのル・グィンが書いている恋愛小説ものという事で驚くへぇ…そんなのも書くんだ。

 まぁここまでテーマも統一感もなく色んな作品が読めるのはなかなか面白いものだと思いましたよ。
これ自体が作中に出て来る…と言う意味でも盛り上がりますしね。
こういう短編集があれば今後も積極的に手に取っていきたいです。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック